イメージ

> > 政策提言 > 東原CIAJ会長より 石田総務大臣へ政策要望書を提出

課題への取組

東原CIAJ会長より 石田総務大臣へ政策要望書を提出

2019年4月25日に、東原CIAJ会長より石田総務大臣へ、CIAJの政策要望書を提出いたしました。

  • 日時・場所
    2019年4月25日(木) 16:05~16:20 総務省7階 大臣室
  • 出席者
    石田総務大臣、東原会長、片山専務理事、今井常務理事

<内容>

東原会長より

  • CIAJは変わらなくてはいけない。通信機器だけではなくSociety 5.0の情報基盤に取り組んでいきたい。Society 5.0をベースにした農業・医療なども実現してきている。CIAJは他団体と連携し産業間をつないでいきたい。産業界の要望書を提出しますので、御支援をお願いします。

片山専務理事より

  • ICT利活用の拡大と新たな付加価値づくりの視点で6項目、ICT産業の発展に向けて2項目の要望事項を説明。

石田総務大臣より

  • Society 5.0は日本発の言葉で世界的に認知され始めている。
  • Society 5.0は地方活性化にもつながり、Society 5.0時代の地方、Society 5.0時代の教育、Society 5.0時代の社会保障といった切り口も重要。
  • ローカル5Gもしっかりやっていく。例えば地方の工場、事業場に使える。
  • 課題解決のためにご意見をお願いします。連携しながら実行していきましょう。

要望書本文[PDF: 801KB]
CIAJ政策要望書(情報通信ネットワーク産業に関する要望書)について