企画調査WG

活動内容

1998年より移動通信機器(携帯電話・PHS)のユーザ利用実態、販売店状況について、定点観測・調査活動を継続的に実施しております。
本報告書は委員会参加企業のみならず関連機関で活用され、移動通信市場の普及促進活動に貢献しています。

取組み状況

2017年度 「モバイル通信端末の利用実態調査」の報告書について

この度「2017年度 モバイル通信端末の利用実態調査」を実施し、報告書としてとりまとめました。

前年あたりから認知度が向上してきたMVNOについては、実際に利用した人の比率が増加しており、市場に浸透してきました。1ヵ月当たりの支払い費用に関する調査では、安い料金プランの利用者が増えている傾向が見てとれ、MVNOの浸透による効果が大きいと考えられます。次回購入時に重視する点として「価格」が上位を占めている結果からも、利用者の低価格へのニーズが高まっていることがわかります。

<概要>
本調査は、国内携帯電話・PHS利用実態を把握することを目的に、1998年より毎年4月に定点調査を実施しており、1年で最も販売の多い3月商戦の結果を反映するものとしています。
調査対象は、関東、関西在住の携帯電話利用者1,200人(19歳以下男女各100人、20−29歳男女各100人、30−39歳男女各100人、40−49歳男女各100人、50−59歳男女各100人、60−69歳男女各100人)です。なお調査は郵送によりアンケート票を対象者に送り後日に回収する方法(留置調査法)で実施しました。
本年の調査結果の特徴的な点は以下のとおりです。

<所有端末の種類>
調査対象者1,200人が所有している端末は全部で1,726台であり、所有端末の種類は下表のとおりとなっています。
1台目として利用する端末は、スマートフォンは1,088人(90.7%)、フィーチャーフォンが110人(9.2%)となっています。

【調査対象者の所有端末の種類】

所有端末の種類 所有している台数 主たる利用
(1台目として利用)
スマートフォン 1,090(90.8%) 1,088(90.7%)
フィーチャーフォン 123(10.3%) 110(9.2%)
タブレット(回線あり) 232(19.3%) 1(0.1%)
タブレット(Wi-Fiのみ) 80(6.7%) 1(0.1%)
モバイルWi-Fiルーター 197(16.4%) 0
PHS 4(0.3%) 0
合計(その他含) 1,726(143.8%) 1,200(100.0%)

<スマートフォン利用者の増加が加速>
スマートフォン利用者は年々増加してきましたが、2017年度調査でも前年より7.0ポイント増加し、90.8%となりました。
年代別では、10代・20代・30代は、前年までに既にほぼ100%に達していましたが、2017年度調査では、50代で80%台、60代で60%台まで増加し、裾野が広がっています。

【スマートフォン利用者の経年変化】

イメージ

2017年度の調査結果の概要と購入について
→ 概要はこちら
→ ご購入はこちら

モバイル通信端末の利用実態調査(旧版)の販売について
2015年度より10年前からの旧版を本文のPDFファイルのCD-Rで販売しております。(冊子での販売はしておりません。また、入力データ集計表等のデータも含まれません。)
2007年度〜2016年度の利用実態調査報告書がご入用の場合は、メールにて下記事項を記入の上、下記に示す連絡先までご連絡下さい。

必要事項

  • 必要な利用実態調査の年度とその必要部数
  • 貴社名
  • ご担当者の方のご所属名
  • ご担当者の方のお名前
  • ご発送先住所
  • ご担当者の方の電話番号
  • ご担当者の方のFAX番号
  • ご担当者の方のメールアドレス

連絡先

  • (一社)情報通信ネットワーク産業協会 サービス部
  • メールアドレス:service[AT]ciaj.or.jp
    メールにてご連絡の際は、[AT]は@に変更をお願いします。
  • 電話:03-5403-9358
  • FAX:03-5403-9360

金額

  • 1年度当たり1部10,000円(税別、送料別)

お支払方法

  • 報告書のCD-Rと共に請求書をお送りしますので、代金は請求書記載の口座に指定期日までにお振込み下さい。
↑