> > 政策提言 > 川崎CIAJ会長より 小林総務大臣政務官へ政策要望書を提出

課題への取組

川崎CIAJ会長より 小林総務大臣政務官へ政策要望書を提出

2018年5月18日に、川崎CIAJ会長より小林総務大臣政務官へ、CIAJの政策要望書を提出いたしました。

  • 日時・場所
    2018年5月18日(金) 14:10~14:30 総務省7階 大臣政務官室
  • 出席者
    小林総務大臣政務官、川崎会長、片山専務理事、今井常務理事

<内容>

川崎会長より

  • Society5.0を業界再興のドライバーに、横ぐしを通す活動をしていきたい。
    ICT産業界を代表する団体として、要望書を提出しますので、御支援をお願いします。

片山専務理事より

  • 「情報通信ネットワーク産業界に関する要望書」を説明。
  • 特に、Society5.0の実現を業界再興のドライバにとの視点から、
    • 5Gを核とする世界最先端のICT基盤の整備
    • 国産技術を軸としたセキュリティ技術の研究開発・実証への支援
    • IoTを活用した地域活性化への継続的な支援

    等について要望し、意見を交換。

小林総務大臣政務官より

  • 要望書は総務省の施策の方向性と合っている。連携をとって進めていく。
  • ICTの社会実装ができるのにできていない現実があると思う。
    地域活性化の場づくりが必要。まちづくりにICTを活用していきたい。
  • セキュリティ対策は重要であり、産学官の連携も進めたい。

等のコメントを頂戴し、会長、専務理事との間で、地域情報化の先進事例・実情を織り交ぜて、活発な意見交換が行われました。

要望書本文[PDF: 621KB]

CIAJ政策要望書(情報通信ネットワーク産業に関する要望書)について