> > > > プレスリリース 2014 > 「保護者のICT教育認識調査」を実施~保護者のICT教育への認知度は低いが、推進に反対はなく期待あり~

お知らせ

「保護者のICT教育認識調査」を実施~保護者のICT教育への認知度は低いが、推進に反対はなく期待あり~

2014年12月10日

一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)は、ICT産業の活性化につながる政策提言・意見発信などの取組を行っており、教育分野においてもICTの利活用により、種々の課題解決に貢献できると考えております。
この度CIAJでは、ICT教育の促進に向けた取組に役立てることを目的として、小学生・中学生の子供を持つ保護者を対象とした調査を実施し、保護者のICT教育に対する認知、意識、期待・要望、不安などを測定しました。
調査結果からは、ICT教育は全国的にまだ広く認知されておらず、保護者の半数が日本でのICT教育は海外の先進国と比べて遅れていると感じていること が分かりましたが、認知度が低いながらも保護者の期待はあり、ICT教育そのものに対する反対はほとんどないことが判明しました。

調査概要

◆調査対象: 小学生または中学生の末子を持つ保護者 1,250名
◆調査地域: 全国
◆調査方法: インターネットリサーチ
◆調査時期: 2014年2月28日~3月8日

(1) ICT教育に対する認識度

ICT教育は、全国的にはまだ認知されていない。

◆保護者の認知度は低く、6割が「聞いたことがない」と回答している(図1)

◆最も認知度が高かったのは、首都圏の私立小・中の保護者で40%台後半(図2)

■ICT教育について見聞きしたことのある(図1)

■ICT教育について見聞きしたことのある(図2)

(2) ICT教育普及に対する保護者の意識

保護者の半数が、日本でのICT教育は、海外の先進国と比べて遅れていると感じている。

◆ICT教育自体への認知が低く、しかも「国がICT教育推進に取り組んでいることを知っている」は、全体の25%にとどまる。また、「子どもの進学する学校を選ぶ際には、ICT教育への取り組みも重視したい」も同23%ほど

◆ICT教育との親和性である「授業や課題・宿題は、全員同じではなく、できるだけ子どもの習熟度に応じた形式がよい」は同45%。一方、ICT教育に対する認知度、理解度が低い為、「子どもの勉強は、できる限り紙や鉛筆を多く使って行うべきだ」は48%ある

■ICT教育に対する保護者の意識(図3)

(3) ICT教育への期待と要望

保護者の認知度は低いが期待はあり、ICT教育そのものに対する反対はほとんどない。

◆「ICT教育を推進するべきではない」が1割弱(図4)

◆期待値が高いのは、ICT機器の取り扱い能力、理解力向上、知識量向上、課題解決力向上、セキュリティに対する意識向上(図5)

■ICT教育を推進すべきか(図4)

■ICT教育を推進する上で、期待するもの(図5)

(4) ICT教育に対する不安

5割の保護者がICT教育に不安を感じている。

◆不安の具体的内容(抜粋)
・手書きがなくなることに対する不安
・いじめ・犯罪(セキュリティ含め)の原因・不安
・身体への悪影響(特に目)
・情報過多による思考力の低下・思考の偏重
・依存やそれによるコミュニケーション力の欠如
・学習や授業の効果への疑問・不安

■マイナス面や不安に感じることがあるか(図6)

(5) まとめ

5割の保護者がICT教育に不安を感じている。

◆ICT教育は、全国的にはまだ広く認知されていない

◆保護者の半数が、日本でのICT教育は、海外の先進国と比べて遅れていると感じている

◆保護者の認知度は低いが期待はあり、ICT教育そのものに対する反対はほとんどない

◆5割の保護者がICT教育に不安を感じている

今後、「ICT教育による不安要素の払拭」や「教育現場の課題解決にICTの利活用が役立つことの実証事例」等を保護者に伝える機会や場の設定が必要と思われます。

本リリース内容に関する問い合わせ先

事業推進部
TEL:03-5403-9357 FAX:03-5403-9360

広報に関する問い合わせ先

広報部
TEL:03-5403-9351 FAX:03-5403-9360