> > > > プレスリリース 2014 > 「2014年度 携帯電話の利用実態調査」を実施 ~70代も加えた1,400人への留置調査実施 既存キャリアサービス以外の利用の活発化も~

お知らせ

「2014年度 携帯電話の利用実態調査」を実施 ~70代も加えた1,400人への留置調査実施 既存キャリアサービス以外の利用の活発化も~

2014年7月30日

CIAJは、この度「2014年度 携帯電話の利用実態調査」を実施し、報告書としてとりまとめました。
今回は新たな試みとして70代にまで調査対象を拡大し、昨年に続いてスマートフォン、フィーチャーフォン別に利用実態の調査を行い、購入重視点やよく利 用されている機能等も明らかにしました。本調査により、男女・年代別の利用実態の違いや、キャリア提供サービスからSNSへの変化の流れ等を浮き彫りにす ることができました。

概 要

本調査は、国内携帯電話・PHS利用実態を把握することを目的に、1998年より毎年4月に定点調査を実施しており、1年で最も販売の多い3月商戦の結果を反映するものとしています。
調査対象は、関東、関西在住の携帯電話利用者1,400人(19歳以下男女各100人、20-29歳男女各100人、30-39歳男女各100人、 40-49歳男女各100人、50-59歳男女各100人、60-69歳男女各100人、70-79歳男女各100人)です。なお調査は郵送によりアン ケート票を対象者に送り後日に回収する方法(留置調査法)で実施しました。
本年の調査結果の特徴的な点は以下のとおりです。

(1)利用端末の動向

<所有端末の種類>

  • 調査対象者1,400人が所有している端末は全部で1,835台であり、所有端末の種類は下表のとおりとなっています。主たる利用端末(1台目として利用)は、スマートフォンは831人(59.4%)、フィーチャーフォンが526人(37.6%)となっています。
<調査対象者の所有端末の種類>
所有端末の種類所有している台数主たる利用
(1台目として利用)
スマートフォン833(59.5%)831(59.4%)
フィーチャーフォン537(38.4%)526(37.6%)
モバイルWi-Fiルータ183(13.1%)0(0.0%)
PHS104(7.4%)43(3.1%)
タブレット(回線あり)100(7.1%)0(0.0%)
タブレット(Wi-Fiのみ)78(5.6%)0(0.0%)
合計1,8351,400(100.0%)

<スマートフォン利用者数は順調に増加>

  • 2013年度調査では、主たる利用端末としてフィーチャーフォンとスマートフォンが拮抗していましたが、今年度はスマートフォンが約6割まで増加 しています。また下図に示すように、スマートフォン利用者の経年変化では年々10%程の勢いで増加しており、この結果からも継続的なスマートフォンへのシ フトが起こっていることが見て取れます。

<スマートフォン利用者の経年変化>

<2台目の端末はフィーチャーフォンからタブレットへ>

  • スマートフォン利用者のうち、複数台利用者は253人(31.2%)となっています。2台目の端末としては、昨年度はタブレット(回線有り)が 27.6%、フィーチャーフォンが11.5%であったのに対し、今年度はタブレット(回線有り)が36.7%、フィーチャーフォンが4.8%と、2台目の 端末はフィーチャーフォンからタブレットへ移行しつつあります。

(2)端末の買替え

<買替え期間は横ばい>

  • 現在利用している端末の前機種の利用期間は、スマートフォン利用者が29.6ヵ月、フィーチャーフォン利用者が50.9ヵ月で、買替期間の変化を 昨年と比較すると、スマートフォンはやや短期間化しているのに対しフィーチャーフォンは大幅に長期間化しており、両者の二極化が進んでいます。

<買替え期間の経年変化>

<現在使用している端末の買替え意向は引続き高いレベルを維持>

  • 調査対象者のうち、現在使用している端末の買替え意向は67.9%(スマートフォン利用者88.1%、フィーチャーフォン利用者37.2%)の人 が持っています。最近の4年間では7割前後で推移しており、スマートフォンの本格的販売が始まった2011年度から引き続き端末購入需要は多くあること が、この結果からもうかがえます。

<買替え意向の経年変化>

(3)端末の購入重視点は・・・

<スマートフォン、フィーチャーフォン別の購入時に重視する点>

  • 次回購入時に重視する点は、スマートフォン利用者では、「バッテリー持ち時間」、「メーカー・ブランド」、「端末購入価格」、「月々の支払」、 「液晶画面がきれい」、「タッチパネル操作」、「CPU」、「OS」、「防水・防塵」「高速サービス」が上位となっているのに対して、フィーチャーフォン 利用者では、「端末購入価格」、「月々の支払」、「操作性が良い」、「バッテリー持ち時間」、「サイズ」(軽さ)が上位に入っています。
  • 昨年度はスマートフォン、フィーチャーフォンとも、上位2位は「端末購入価格」、「月々の支払」であったのに対して、今年度はスマートフォンでは価格を越える魅力点が重視されてきています。
<スマートフォン、フィーチャーフォン別の購入重視点>
順位スマートフォン(n=830)
1バッテリー持ち時間70.2
2メーカー・ブランド54.7
3端末購入価格53.4
4月々の支払52.0
5液晶画面がきれい46.4
6タッチパネル操作44.5
7CPU42.7
OS
9防水・防塵41.3
10高速サービス41.1
11サイズ(軽さ)38.3
表示画素数
13カメラ機能37.2
14通信キャリア36.6
15サイズ(薄さ)35.4
16液晶画面の大きさ34.3
17サイズ(手に持ったフィット感)32.0
18SNSの閲覧・書き込み31.9
19パソコン用Web閲覧28.0
20デザイン26.6
順位フィーチャーフォン(n=503)
1端末購入価格79.7
2月々の支払77.7
3操作性が良い41.2
4バッテリー持ち時間34.0
5サイズ(軽さ)31.6
6防水・防塵29.4
7サイズ(薄さ)28.2
8液晶がきれい18.7
9液晶画面の大きさ17.5
10サイズ(手に持ったフィット感)17.1
11カメラ機能15.3
12表示画素数15.1
13文字が大きく見やすい14.3
14パネル操作13.9
1513.7
16デザイン13.5
17CPU11.3

(4)スマートフォンとフィーチャーフォンの利用の違い

<電話の利用>

  • 通話はスマートフォン及びフィーチャーフォン利用者ともに全年代で利用されていますが、スマートフォン利用者のIP電話(LINEなど)利用は、最近3ヵ年では毎年急激に増加しています。

<スマートフォン利用者のIP電話利用率の変化>

<メールの利用>

  • スマートフォン利用者ではキャリアメールの利用率が減り、インターネットメール及びSNS系のメール(LINEなど)利用率が大きく伸張しています。既存キャリア提供サービスからSNS系のサービスへの変化等が如実に現れています。

<メール種別の利用率の変化>

(単位:%)スマートフォンフィーチャーフォン
2013年2014年2013年2014年
SMS/MMS34.265.842.449.3
キャリアメール72.930.579.649.9
インターネットメール54.174.112.542.5
SNSメール65.687.93.54.6

なお、本報告書は日本語版のみですが、1部¥49,000(税別)、入力データCD-R付を¥59,000(税別)にて販売いたします(7月31日発刊予定)。(部数限定)
ご希望の方は株式会社シード・プランニング 担当 杉本(TEL:03-3835-9211)までご連絡ください。

本リリース内容に関する問い合わせ先

サービス部
TEL:03-5403-9358 Fax:03-5403-9360

広報に関する問い合わせ先

広報部
TEL:03-5403-9351 FAX:03-5403-9360