「2011年度 携帯電話の利用実態調査」を実施~ユーザーのスマートフォン志向が益々顕著に~

 CIAJは、この度「2011年度 携帯電話の利用実態調査」を実施し、報告書としてとりまとめました。
 今回はスマートフォンに関する項目を拡充。スマートフォンへの買い替え意向、購入者の不満点等を明らかにしました。ユーザーのスマートフォン購入意向は高く、今後市場の牽引役として、市場を活性化することを予測させる結果となっています。

概 要

 本調査は、国内携帯電話・PHS利用実態を把握することを目的に、1998年より毎年実施しています。
 調査の対象は、関東、関西在住の携帯電話利用者1200人(19歳以下男女各100人、20-29歳男女各100人、30-39歳男女各100人、40-49歳男女各100人、50-59歳男女各100人、60歳-69歳男女各100人)を対象に、調査票郵送留置調査により3月下旬から4月上旬に実施しました。本年の調査結果の特徴的な点は以下のとおりです。
 より実態に即した調査とすべく、サンプル数を昨年調査の2倍としました。

(1)利用端末動向と買い替え実態

<スマートフォン利用者数が急増>

・ 2011年度調査では、前年度調査と比較してスマートフォン利用者比率が9.2%(55/600)から14.8%(177/1200)と大幅に増加しました。年代別では10代女性の伸びが著しい結果となっています。


クリックで拡大

<買い替え期間は一層長期化。ほぼ3年に>

・ 現在利用している携帯電話の前機種の利用期間は、34.9ヶ月となり、前年より3.4ヶ月長期化しました。

<買い替え意向は大幅増。新規購入意欲が高まる>

・ 全体の66.2%が、現在の機種の買い替え意向を持っているという結果となりました。これは前年度比で31ポイントもの上昇であり、今後市場が活性化することが予測されます。今後ユーザーの買い替えが顕在化してくれば、買替期間が短期化する可能性もあります。

<ユーザーのスマートフォン志向が顕著に>

・ 買い替え意向を示したユーザーの66.5%が、次機種としてスマートフォンを購入する意向を示しており、こちらも前年度対比で約30ポイント増加しています。スマートフォンブームがユーザーの購入意欲を喚起していることが見て取れます。


クリックで拡大

・ 買い替え時に重視する点については、2010年度と2011年度では傾向は同様ですが、重みづけに変化が見られました。具体的には、よりデザインを重視する一方、サイズを重視する率が下がっています。これはスマートフォンの影響だと考えられます。

(2)携帯電話の各機能・サービスの利用

<スマートフォンユーザーは各機能の利用率が満遍なく高い>

・ 携帯電話全体での各機能・サービスの利用状況は、「メール」が約9割、「カメラ機能」「インターネット閲覧」「装飾メール」が約5割となっています。

・ 一方、スマートフォンユーザーのみの利用状況では、全体と比較して、どの機能も利用率が高く、かつ、スケジューリング機能やソーシャルゲーム等、全体調査では利用率の低い機能・サービスでも非常に利用率が高い傾向が現れました。


クリックで拡大


 なお、本報告書は日本語版のみですが、1部¥49,000(税別・送料別)、入力データのCD-R付属版を¥59,000(税別・送料別)にて販売しております。(部数限定)

 ご希望の方は株式会社シード・プランニング 担当 杉本(TEL:03-3835-9211)までご連絡ください。

本リリース内容に関する問い合わせ先
一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会
サービス部 大川 努
TEL:03-5403-9358 Fax:03-5403-9360
E-mail: ohkawa[at]ciai.or.jp

広報に関する問い合わせ先
一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会
広報部 川合 浩之
TEL:03-5403-9351 FAX:03-5403-9360
E-mail: kawai[at]ciaj.or.jp