> > 政策提言 > 山本CIAJ会長より あかま総務副大臣へ政策要望書を提出

課題への取組

山本CIAJ会長より あかま総務副大臣へ政策要望書を提出

5月12日、山本CIAJ会長よりあかま総務副大臣へ、「情報通信ネットワーク産業に関する要望書」を提出いたしました。

  • 日時・場所
    2017年5月12日(金) 13:55~14:25 総務省7階 副大臣室
  • 出席者
    あかま総務副大臣、山本会長、片山専務理事、今井常務理事

<内容>

山本会長より

  • ICT産業は基幹産業として重要な産業であり、ICT産業界を代表する団体として、要望書を提出し、御支援を頂く旨の挨拶。

片山専務理事より

  • 「情報通信ネットワーク産業界に関する要望書」を説明。
  • 特に、業界成長に向けたターンアラウンドの視点から、
    • IoT普及における利用者側の育成・裾野の拡大
    • 更なるスマートフォンの普及促進の取組
    • 国産技術を軸としたセキュリティ産業化

    等について要望し、意見を交換。

あかま総務副大臣より

  • 要望書は、総務省の施策の方向性と合っており、各項目は十分に理解。
    緊密に連携をとって進めていく。
  • 各分野でのIoT普及に向けた利用者側の意識改革や導入による経済効果の 提示等の実践の蓄積を進める。
    実践には自治体の首長さんの音頭とりも不可欠。
  • セキュリティ産業化は、各省に絡む話であり、知恵を出していく。
  • ICT産業の成長に向けた読みと仕掛けづくりが必要と考える。

等のコメントを頂戴し、会長、専務理事との間で、ICT業界の先進事例・実情を織り交ぜて、活発な意見交換が行われました。

要望書本文[PDF: 412KB]