> > 政策提言 > 5/12 遠藤CIAJ会長より高市総務大臣へ政策要望書を提出

課題への取組

5/12 遠藤CIAJ会長より高市総務大臣へ政策要望書を提出

5月12日 総務省総務大臣室にて、遠藤CIAJ会長より高市総務大臣へ、「情報通信ネットワーク産業に関する要望書」を提出しました。

<会合出席者>

  • 総務省 高市総務大臣
    (陪席 情報通信国際戦略局 情報通信政策課 山路調査官、総合通信基盤局 総務課 佐藤課長補佐、松井大臣秘書官)
  • ŸCIAJ 遠藤会長、片山専務理事、今井常務理事
    (陪席 佐藤運営企画部会長、小菅事業推進部長、久保川応用推進部長)

<内容>

遠藤会長より

  • CIAJはICT産業界を代表する団体であり、業界が抱えている課題解決に向け、御支援をいただきたい旨の挨拶。

片山専務理事より

  • 「情報通信ネットワーク産業界に関する要望書」を説明。

高市総務大臣より

  • G7情報通信大臣会合での展示、熊本地震復興関連の協力へのお礼。
  • ICT人材の育成について、プログラミング教育の立上げ、学校向けWiFiの整備を行っていきたい。
  • 途上国向けのネットワーク整備を進めていきたい。
    (2015年3月のITU世界電気通信/ICT指標シンポジウム@広島での、大臣のヒヤリング結果)
    G7情報通信大臣会合でも、2020年までに世界中で新たに15億人のインターネット接続を可能とすることを目指すこととしている。
  • オープンイノベーションは、IoT推進コンソーシアムが良い場であり、NICTのテストベッドの提供・活用を含めて取組んでいきたい。
  • 老朽化インフラに関する取組みも重要である(熊本での災害を例にして)。
  • 5Gも研究開発の重要項目である。

等のご発言があり、要望書には「全面的に賛同する。」旨のコメントを頂きました。

要望書の要点[PDF: 179KB]
要望書本文[PDF: 1047KB]