WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

T3: 見出しに、標準的なテキストの書式の表現法を使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

プレーンテキストのドキュメント。マークアップを含むウェブコンテンツ技術は対象外

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、テキストの書式の規則を用いて、コンテンツの構造を伝えることである。見出しは、テキスト文書の各セクションの位置を示し、ラベル付けすることで、文書の構成を示すために用いられる。

見出しの始まりは、次のものによって示される。

見出しの終わりは、次のものによって示される。

空白行には、スペースやタブなどの印刷できない文字が任意の個数含まれていて、そのすぐ後に新しい行がある。

見出しのプログラム識別は、見出しの前の二行の空行と見出しの後の一行の空行である。テキストの文書では、文書構造として誤って解釈されうる要素をなくして、スクリーンリーダーのために文書構造をプログラムが解釈可能なレイアウトで示さなければならない。このプログラムが解釈可能なレイアウトによって、スクリーンリーダーが見出しであると考えられるテキストの前に空行を二回読み上げることができるようになる。画面拡大ソフトの利用者は、視覚的に空白があることによって、それが見出しであると解釈できる(または、画面拡大ソフトが空白を特定できるスクリーンリーダーの機能を併せ持っていることもある)。

事例

事例 1

段落の後に2行の空白行があり、それに続いて、見出し、1行の空白行、そして次の段落がある:

コード例:


...これは第1段落の終わりである。


見出しのテキスト

これは第2段落の始まりである。

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

(今のところ、なし。)

検証

チェックポイント

コンテンツにあるそれぞれの見出しに対して:

  1. 見出しの前に、2行の空白行がある。

  2. 見出しの後に、1行の空白行がある。

  3. 見出しに空白行が含まれていない。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。