WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

SM14: SMIL 2.0 で、同期した映像ストリームを通じて手話通訳を提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

SMIL 2.0

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、耳が聞こえないか、またはそうでなくとも、視聴覚コンテンツにおいて発話を聞くことに問題のある利用者に、コンテンツを閲覧できる方法を提供することである。この達成方法では、発話と重要な音の全てがキャプション領域に表示される手話通訳の映像によって入手できる。

SMIL 2.0 では、2つの映像のために別々の領域を定義できる。2つの映像再生が同期していて、画面の一つの領域に本編のビデオを表示し、もう一つの領域に本編に対する手話通訳の映像を表示する。

事例

事例 1: RealMediaプレーヤーでの SMIL 2.0 手話ビデオのサンプル

コード例:


<smil xmlns="//www.w3.org/2001/SMIL20/Language">
  <head>
    <layout>

      <root-layout backgroundColor="black" height="310" width="330"/>
      <region id="video" backgroundColor="black" top="5" left="5" 
      height="240" width="320"/>
      <region id="signing" backgroundColor="black" top="250" 
      height="60" left="5" width="320"/>
    </layout>
  </head>
  <body>

    <par>
      <video src="salesdemo.mpg" region="video" title="販売の実演" 
      alt="販売の実演"/>
      <video src="salesdemo_signing.mpg" 
      region="signing" systemCaptions="on" 
      title="手話通訳" 
      alt="販売の実演の手話通訳"/>
    </par>
  </body>
</smil>

この事例では、2つの <video>タグを含む <par>セグメントを示している。system-captions属性は、利用者のプレーヤーの字幕設定が、字幕を表示する選択になっているとき、手話の映像が表示されるべきであることを示す。<layout>セクションは、本編の映像と手話通訳の映像に割り当てる領域を定義している。

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. (手話通訳が常に表示されていない場合は、)手話通訳が表示されるように、コンテンツ内又はプレーヤーのコントロールを有効にする。

  2. 手話通訳を含むファイルを再生する。

  3. 手話通訳が表示される。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。