WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

SCR28: コンテンツのブロックをバイパスするために、展開可能及び折り畳み可能なメニューを使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

クライアントサイド・スクリプティングを提供するウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法は、繰り返される構成要素を利用者のコントロールの下でメニューを展開したり折りたたんだりできるメニューの中に置くことで、その構成要素をスキップできるようにする。利用者は、メニューを折りたたむことで繰り返される構成要素をスキップできる。利用者は、メニューの要素を隠したり削除したりするユーザインタフェースを呼び出すことができる。関連情報には、ナビゲーションをスキップするメカニズムを提供するために利用できるメニュー、ツールバー及びツリーの達成方法をいくつか挙げている。

注記: 類似の方法は、サーバーサイドスクリプティングを用いて修正後のウェブページを読み込むことでも実装できる。

事例

事例 1

ウェブページの先頭にあるナビゲーションリンクは、すべてHTML、CSS及びJavaScriptを用いて実装されているメニュー項目である。ナビゲーションバーが展開しているとき、ナビゲーションのリンクは利用可能になっている。ナビゲーションバーがたたまれているとき、リンクは利用不可能である。

コード例:


...

  <script type="text/javascript">
  function toggle(id){
    var n = document.getElementById(id);
    n.style.display =  (n.style.display != 'none' ? 'none' : '' );
  }
  </script>

...

  <a href="#" onclick="toggle("navbar")">ナビゲーションバー切り替え</a>

  <ul> id="navbar">
  <li><a href="http://target1.html">リンク 1</a></li>
  <li><a href="http://target2.html">リンク 2</a></li>
  <li><a href="http://target3.html">リンク 3</a></li>
  <li><a href="http://target4.html">リンク 4</a></li>
  </ul>

... 

このコードの実装サンプル:ナビゲーションバーをリンクで切り替える

事例 2

一連のウェブページのための目次はそれぞれのページの先頭近くで繰り返される。目次の先頭にあるボタンで、利用者はそれを消したり復元したりできる。

コード例:


...

   <script type="text/javascript">
  function toggle(id){
    var n = document.getElementById(id);
    n.style.display =  (n.style.display != 'none' ? 'none' : '' );
  }
  </script>

  ...

  <button onclick="return toggle('toc');">目次切り替え</button>
  <div id="toc">
    ...
  </div>

...

このコードの実装サンプル:目次をボタンで切り替える

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. ユーザインタフェースコントロールで、繰り返されるコンテンツを展開したり折りたたんだりできるかをチェックする。

  2. コンテンツが展開されたとき、それがプログラムで解釈可能なコンテンツに含まれていて、論理的な場所で読み上げ順序があるかをチェックする。

  3. コンテンツが折りたたまれているとき、それがプログラムで解釈可能でない部分にあることをチェックする。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。