WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

SCR1: 利用者が初期設定の制限時間を延長できるようにする

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

クライアントサイドスクリプトによりコントロールされた制限時間。

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、スクリプトがデフォルトの制限時間のある機能を提供する際、その時間を延長するメカニズムを提供することによって、利用者がデフォルトの制限時間を延長できるようにすることである。利用者がより長い制限時間を要求できるようにするために、利用者がより長い制限時間を入力できる、又は より多くの時間を必要としていることを示す(例えば)フォームをスクリプトが提供することができる。制限時間が切れそうであることを利用者に警告する場合(SCR16: 制限時間が切れようとしていることを利用者に警告するスクリプトを提供するを参照)、このフォームを警告のダイアログから利用可能にする。どれぐらいの追加時間が必要かを示すことができるようにするか、繰り返し制限時間を延長できるようにすることによって、利用者はデフォルトの制限時間を少なくとも10倍延長することができる。

事例

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

  1. PHPBuilder Time-out Info

検証

チェックポイント

  1. 制限時間がスクリプトで設定されているウェブページで、制限時間が切れるまで待つ。

  2. 制限時間を延長する選択肢が提供されている。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。