WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

PDF3: PDF 文書で正しいタブ順序と読み上げ順序を確保する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

タグ付き PDF 文書

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

PDF3 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。PDF テクノロジーノートも参照。

解説

この達成方法の目的は、コンテンツの意味と一貫性がある論理的な順序で利用者がコンテンツ内を移動できるようにすることである。正しいタブ順序と読み上げ順序は通常、PDF のオーサリングツールを使用して指定できる。

画面を見ている利用者にとっては、PDF コンテンツの論理的な順序は画面上の視覚的な順序でもある。キーボードおよび支援技術の利用者の場合は、インタラクティブなエレメント(フォームフィールドおよびリンク)を含むコンテンツ内のタブの順序によって、利用者がコンテンツ内を移動できる順序が決定される。タブの順序には、文書の論理的な順序が反映されていなければならない。

論理構造は、文書がタグ付き PDF として保存されたときに作成される。PDF 文書の読み上げ順序は、インタラクティブなエレメントを含めて、文書エレメントのタグ順序によって主に決定されるが、個々のタグの中のコンテンツの順序はPDF文書のコンテンツのツリー構造によって決定される。

読み上げ順序が正しくないと、キーボードおよび支援技術の利用者がコンテンツを理解できない場合がある。例えば、複数の列がある文書では、視力のある利用者にとっては読む順序は視覚的に明確であり、最初の列の上から下へ、続いて次の列の先頭に移動するというようになる。しかし文書のタグ付けが適切でないと、スクリーンリーダーは文書の 2 つの列を 1 つの列として解釈して、列をまたいで上から下へ読み上げる場合がある。

正しい読み上げ順序を指定する最も簡単な方法は、タグ付き PDF に変換する前に、文書の作成に使用するオーサリングツールで文書を正しく構成することである。ただし、グラフィック、表、脚注、サイドバー、フォームフィールドなどのエレメントが含まれた複雑なレイアウトのページは、正しい読み上げ順序でタグ付き PDF に変換されない可能性がある。このような不整合は、Acrobat Pro などの修復ツールで修正する必要がある。

フォームフィールドが含まれる PDF 文書に正しい読み上げ順序が設定された場合には、すべてのフォームフィールドが適切なタブ順序で配置され、また PDF 内の他のコンテンツとの相対的な順序も正しく設定される。一般的なタブ順序エラーには次のものがある。

事例

事例 1: Microsoft Word 2007 を使用して 2 段組みの文書を作成する

この事例は Microsoft Word の場合を示している。同様の機能を実行するソフトウェアツールは他にも存在する。他のソフトウェアツールのリストについては、「アクセシビリティがサポートされている PDF オーサリングツール」を参照のこと。

Word のページレイアウト > 段組みツールを使用して作成した複数列の文書は通常、タグ付き PDF に変換したときに正しい読み上げ順序になる。次の画像は Word の段組みツールを示している。

スクリーンショット:Wordの段組みツールで、ページを二段組みにするために「2段」が選択されている。

この事例のサンプルとして、Word 2007 を使用した 2 段組み文書のサンプル (Word ファイル)Word 2007 を使用した 2 段組み文書のサンプル (PDF ファイル)がある。

事例 2: OpenOffice.org Writer 2.2 を使用して 2 段組みの文書を作成する

この事例は OpenOffice.org Writer の場合を示している。同様の機能を実行するソフトウェアツールは他にも存在する。他のソフトウェアツールのリストについては、「アクセシビリティがサポートされている PDF オーサリングツール」を参照のこと。

OpenOffice.org Writer の書式 > 段組みツールを使用して作成した複数列の文書は通常、タグ付き PDF に変換したときに正しい読み上げ順序になる。次の画像は OpenOffice.org Writer の段組みツールを示している。

スクリーンショット:OpenOffice.org Writerの段組みツールで、ページを二段組みにするために「2段」が選択されている。

この事例のサンプルとして、OpenOffice Writer を使用した 2 段組み文書のサンプル (OpenOffice ファイル)OpenOffice Writer を使用した 2 段組み文書のサンプル (PDF ファイル)がある。

事例 3: Adobe Acrobat 9 Pro を使用して 一つまたは複数のページのタブ順序を設定する

この事例は Adobe Acrobat Pro の場合を示している。同様の機能を実行するソフトウェアツールは他にも存在する。他のソフトウェアツールのリストについては、「アクセシビリティがサポートされている PDF オーサリングツール」を参照のこと。

タグ付き PDF 文書で次の手順を実行する。

  1. 次のいずれかの方法で[ページ]パネルを開く。

    • ページアイコンをクリックスクリーンショット:Adobe Acrobat Proのナビゲーションウィンドウの左上にあるページのアイコン

    • 表示 > ナビゲーションパネル > ページを選択

  2. 一つまたは複数のページサムネイルを選択する。

  3. 選択したサムネイルのコンテキストメニューから[ページのプロパティ]を選択する。

  4. [ページのプロパティ]ダイアログボックスの[タブの順序]タブを選択する。

  5. 必要に応じて、タブの順序オプションを選択する。

オプション説明
行の順序を使用 左上のフィールドからタブ移動を開始して、まず左から右に移動し、次に表の行を1行ずつ下に移動する。
列の順序を使用 左上のフィールドからタブ移動を開始して、まず上から下に移動し、次に表の列を左から右に1列ずつ移動する。
文書構造を使用 タグ付き文書では、オーサリングアプリケーションで指定されたタグ順序で移動する。

注記: 通常はこれが正しい読み上げ順序であり、タグ付き文書に対してデフォルトで選択される。

指定しない Acrobat Pro の旧バージョンで作成された文書の場合は、タブ順序はデフォルトでは「指定しない」となる。この設定では、最初にフォームフィールドを順にタブ移動し、次にリンク、コメントが行の順にタブ移動する。これは正しい読み上げ順序ではないかもしれない。

スクリーンショット:Adobe Acrobat Professionalの[ページのプロパティ]ダイアログ。選択肢として、行の順序を使用、列の順序を使用、文書構造を使用、指定しないの四つがあり、「文書構造を使用する」が選択されている。これがデフォルトである。

この事例のサンプルとして、タブ順序設定のサンプル (Word ファイル)タブ順序設定のサンプル (PDF ファイル)がある。

事例 4: Adobe Acrobat 9 Pro のタグパネルを使用して読み上げ順序を修正する

この事例は Adobe Acrobat Pro の場合を示している。同様の機能を実行するソフトウェアツールは他にも存在する。他のソフトウェアツールのリストについては、「アクセシビリティがサポートされている PDF オーサリングツール」を参照のこと。

事例 5 の読み上げ順序を修正するには、[タグ]パネルで次のいずれかの操作を行う。

次の画像では、テキストとヘッダの読み上げ順序が正しくなっている。つまり、コンテンツのエレメント H1H2 が、正しい読み上げ順序に従って入れ替えられたことになる。

スクリーンショット:Adobe Acrobat Proで修正された読み上げ順序。H1タグとH2タグが入れ替えられて、正しい順序になっている。

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. 次のいずれかの方法で、コンテンツが正しい読み上げ順序になっていることを確認する。

    • スクリーンリーダーまたは読み上げ機能があるツールを使用して PDF 文書を読み上げ、各エレメントが正しい順序で読み上げられていることを確認する

    • アクセシビリティ API を通じて文書を表示するツールを使用して、読み上げ順序が正しいことを確認する

  2. 次のいずれかの方法で、フォーカス可能なコンテンツのタブ順序が正しいことを確認する。

    • Tab キーを使用して、文書内のフォーカス順序をトラバースする。

    • タブ順序設定を指定するページオブジェクトのエントリを表示できるツールを使用して、PDF 文書を開き、設定を表示する。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。