WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

PDF19: PDF 文書内で Lang エントリを使用して節や句の言語を指定する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

タグ付き PDF 文書

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

PDF19 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。PDF テクノロジーノートも参照。

解説

この達成方法の目的は、PDF 文書内の情報を提供するために /Lang エントリを使用して節、句または語の言語を指定することである。これによって、ユーザエージェントはテキストおよびその他の言語コンテンツを正しく提示できる。これは通常、PDF のオーサリングツールを使用して行う。

支援技術と従来のユーザエージェントはどちらも、言語が指定されている場合に、より正確にテキストを表現できる。スクリーンリーダーは正しい発音規則を用いることができる。 それにより、障害のある利用者にとってコンテンツがより理解しやすくなる。

注記: 文書全体がコンテナまたはタグに含まれている場合は、この達成方法を使用して文書全体のデフォルト言語を設定できる。その場合、この達成方法は達成基準 3.1.1 に適用される。

事例

事例 1: Adobe Acrobat 9 Pro を使用して、段落の言語を指定するために /Lang エントリを追加する

この事例は Adobe Acrobat Pro の場合を示している。同様の機能を実行するソフトウェアツールは他にも存在する。 他のソフトウェアツールのリストについては、「アクセシビリティがサポートされている PDF オーサリングツール」を参照のこと。

  1. ツールメニューの[高度な編集]を選択する

  2. [TouchUp 読み上げ順序ツール]を選択する

  3. TouchUp 読み上げ順序ツールの[順序パネルを表示]ボタンを押下する

  4. [順序パネルを表示]の[タグ]タブを選択し、異なる言語になっている段落を選択する。[タグ]タブの[オプション]メニューを使用して、[選択範囲からタグを検索]を選択することもできる/p>

  5. 選択範囲を右クリックして、コンテキストメニューから[プロパティ]を選択する

  6. プロパティダイアログの[タグ]タブで、ドロップダウンリストから言語を選択する

注記: Acrobat には 16種類のプリセット言語が用意されている。一覧にない言語(ロシア語など)を指定する必要がある場合は、言語の名前ではなくその言語の ISO 639 コードを入力する必要がある。

事例 2: Adobe Acrobat 9 Pro を使用して、特定の語または句の言語を指定するために /Lang エントリを追加する

この事例は Adobe Acrobat Pro の場合を示している。同様の機能を実行するソフトウェアツールは他にも存在する。 他のソフトウェアツールのリストについては、「アクセシビリティがサポートされている PDF オーサリングツール」を参照のこと。

  1. 異なる言語になっている語または句を選択し、読み上げ順序パネルで対応するタグ(Textなど)を作成する

  2. [順序パネルを表示]の[タグ]タブを開き、異なる言語になっている、タグ付けされた語または句を選択する。[タグ]タブの[オプション]メニューを使用して、[選択範囲からタグを作成]を選択することもできる。

  3. 選択範囲を右クリックして、コンテキストメニューから[プロパティ]を選択する

  4. プロパティダイアログの[タグ]タブで、ドロップダウンリストから言語を選択する

語または句にタグ付けすると、Acrobat は元のコンテンツを 3つの文書コンテンツタグに分割する。つまり、選択範囲の前のテキストに対するタグ、選択範囲に対するタグ、および選択範囲の後のテキストに対するタグである。必要に応じて、選択したテキストの文書コンテンツタグを他の 2つのタグの間にドラッグすると、そのテキストが正しい順序で読み上げられる。また、3つのタグはすべて親タグの下で同じレベルである必要がある。3つのタグが同じレベルでない場合は、ドラッグする。

スクリーンショット:TouchUp 読み上げ順序ツールの[順序パネルを表示]を使用して、テキスト内の語の言語を指定する

この事例のサンプルとして、Acrobat Pro を使用して特定の語または句をマークしたサンプル(PDF ファイル)がある。

事例 3: /Lang エントリを使用して PDF 文書内の語または句の言語を指定する

デフォルトの文書言語のレベル以下で、節の言語を次の項目に対して指定できる。

次のコードフラグメントは、/Lang エントリを使用して文書のデフォルト言語を変更する、一般的なコードを示している。デフォルト言語を変更するには、あるページのコンテンツストリーム内で、マーク付きコンテンツ順序を指定する。


/P % マーク付きコンテンツ順序の始まり
   BDC
      (See you later, or in Spanish you would say, ) Tj
      /Span << /Lang (es-MX) >>% ネストされたマーク付きコンテンツ順序の始まり
     BDC
      (Hasta la vista.) Tj
     EMC% ネストされたマーク付きコンテンツ順序の終わり
   EMC% マーク付きコンテンツ順序の終わり

次のコードフラグメントは、構造エレメント辞書内で /Lang エントリを使用する一般的なコードを示している。この場合、/Lang エントリは、表示されたページのコンテンツストリーム内の、MCID(マーク付きコンテンツの識別子)の値が 0 であるマーク付きコンテンツ順序に適用される。


1 0 obj% 構造エレメント
  << /Type /StructElem
    /S /Span% 構造タイプ
    /P /P% 構造階層の親
    /K<< /Type /MCR
      /Pg 2 0 R% マーク付きコンテンツのシーケンスを含むページ
      /MCID 0% マーク付きコンテンツの識別子
     >>
   /Lang (es-MX)% このエレメントに対する言語の指定
   >>
endobj
2 0 obj% ページオブジェクト
  << /Type /Page
     /Contents 3 0 R% コンテンツストリーム
   …
   >>
   endobj
3 0 obj% ページのコンテンツストリーム
  << /Length … >>
    stream
     BT
      /P % マーク付きコンテンツ順序の始まり
      BDC
     (See you later, or in Spanish you would say, ) Tj
     /Span << /MCID 0 >>% ネストされたマーク付きコンテンツ順序の始まり
    BDC
     (Hasta la vista.) Tj
    EMC% ネストされたマーク付きコンテンツ順序の終わり
  EMC% マーク付きコンテンツ順序の終わり
 ET
 endstream
 endobj

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. 周囲のテキストの言語とは異なる節、句または語の言語が、タグによる囲みまたはコンテナ上の /Lang エントリによって正しく指定されていることを確認する。

    • 句の言語および周囲のテキストの言語をサポートするスクリーンリーダーを使用して PDF 文書を読み上げ、テキストが正しい自然言語で読み上げられる

    • PDF エディターを使用して、異なる言語になっている語または句を選択し、言語が正しく設定されていることを確認する

    • /Lang エントリ値を表示できるツールを使用して PDF 文書を開き、言語設定を表示する

    • アクセシビリティ API を通じて文書を表示するツールを使用し、語または句の言語が正しく設定されていることを確認する

  2. コンテナまたはタグに文書全体が含まれている場合に、言語設定が、文書のデフォルトとして意図されている言語になっている。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。