WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

H64: frame 要素及び iframe 要素の title 属性を使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

frame 要素又は iframe 要素を用いている HTML 及び XHTML ドキュメント

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

H64 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。

解説

この達成方法の目的は、フレームの内容を説明するための、frame 要素又は iframe 要素での title 属性の使用方法を示すことである。title 属性はフレームのラベルを提供するものなので、利用者はどのフレームの中に入ってその詳細を見て回るかどうかを判断できる。title 属性は、フレームセットの中の個々のページ(frame 要素)やインラインフレーム(iframe 要素)のラベルを付けるものではない。

title属性はフレームにラベルを付けるものであって、文書にラベルを付けるtitle要素とは異なることに注意しよう。title属性は利用者が複数のフレームの間を移動しやすくし、またtitle要素は利用者の現在位置を明確にするものであり、双方を提供すべきである。

title 属性を name 属性に置き換えることはできない。title 属性は利用者のためにフレームにラベルを付けるものであるのに対して、name 属性はスクリプトによる操作やウィンドウのターゲットを決めるためにフレームにラベルを付けるものだからである。つまり、name 属性は利用者に提供されるものではなく、title 属性だけがその役割を果たしている。

HTML5 では、frame 要素が廃止されている。iframe 要素は未だに HTML5 仕様の一部である。

事例

事例 1

この事例は、ナビゲーションバーと主要コンテンツを別の文書として読み込んでいるフレームそれぞれを説明するために、frame 要素に title 属性を指定する方法を示している。

コード例:

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <title>単純なフレームセット文書</title>
  </head>
  <frameset cols="10%, 90%">
    <frame src="nav.html" title="メインメニュー" />
    <frame src="doc.html" title="文書" />
    <noframes>
      <body>
        <a href="lib.html" title="図書館へのリンク">選択して、
        電子図書館に進んでください。</a>
      </body>
    </noframes>
  </frameset>
</html> 

事例 2

この事例は、インラインフレームの内容を説明するために、iframe 要素に title 属性を指定する方法を示している。さらに、iframe 要素を解釈できない古いブラウザのために、読み込むページへの代替リンクを iframe 要素の内容に含めてある。

コード例:

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <title>インラインフレームを利用した文書</title>
  </head>
...
<iframe src="banner-ad.html" id="testiframe" 
  name="testiframe" title="広告">
    <a href="banner-ad.html">広告</a>
</iframe>
...
</html> 

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. HTML 又は XHTML のソースコードにある frame 要素と iframe 要素のそれぞれに、title 属性が指定されている。

  2. title 属性の値として、そのフレームを特定できるテキストがある。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。