WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

H54: 単語の定義対象を特定するために、dfn 要素を使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

HTML 及び XHTML

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、その語句の定義を伴って語句が用いられている箇所のマーク付けにdfn要素を用いることである。dfn要素は、囲んだ用語の定義対象であることを示すのに用いる。言い換えれば、その語句がその場所で定義されている場合に、その用語の存在をマーク付けするのである。ただし、用語を囲むのであって、定義を囲むわけではないことに注意すること。この達成方法は、定義方法に関するG112: インラインの定義を使用するとともに用いられる。

事例

事例 1

次のコードは、dfn要素の使用例である。

コード例:

<p>ウェブ・コンテンツ・アクセシビリティ・ガイドラインは、非テキストコンテンツに
対する代替テキストを要求している。&lt;dfn&gt;非テキストコンテンツ&lt;/dfn&gt;とは、
プログラムで解釈可能な一連の文字列ではないコンテンツや、人間の言葉として
表現されない一連のものであり、ASCIIアート(文字を使った図柄)、顔文字、
リート語(文字の代用)、テキストの代わりとなる画像が含まれる。</p>

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. テキストの中で、インラインで定義されている単語、つまり単語の近くの文章に定義が出現するものを全て特定する。

  2. インラインで定義されているそれぞれの単語が、dfn要素に含まれている。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。