WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

H53: object 要素のボディを使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

メディアを読み込むobject要素(HTML及びXHTML)

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

H53 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。

解説

この達成方法の目的は、object 要素によってレンダリングされるコンテンツに対して、テキストによる代替を提供することである。object 要素のボディは、そのオブジェクトに関する完全なテキストによる代替を提供するのに用いられるか、または追加的な非テキストコンテンツをテキストによる代替とともに含むことがある。

object 要素のフォールバックコンテンツは、ユーザエージェントによってメディアに要素が読み込まれなかった場合、つまり、ユーザエージェントがメディアテクノロジーまたは利用者の指定によるレンダリングできない場合のみ使用可能である。その状況ではフォールバックコンテンツが利用者に提示される。もしメディアがフォールバックコンテンツなしにレンダリングされた場合、メディアは直接アクセスできることが不可欠である。制作者は、適合基準にメディア技術の直接アクセス可能性に頼っておらず、利用者がフォールバックにアクセスできることを予期できるのであれば、達成基準を満たすためにのみこの達成方法に頼ることができる。

事例

事例 1: 長めの説明を含んだオブジェクト

コード例:

<object classid="http://www.example.com/analogclock.py">
  <p>ここにオブジェクトとその操作方法に関するテキストを記述する。</p>
</object>

事例 2: 代替テキストのある非テキストコンテンツを含んだオブジェクト

コード例:

<object classid="http://www.example.com/animatedlogo.py">
  <img src="staticlogo.gif" alt="会社名" />
</object>

事例 3: 機能の簡単な説明を含んだ画像オブジェクト

コード例:

<object data="companylogo.gif" type="image/gif">
  <p>会社名</p>
</object>

事例 4

この例は、情報の代替表現が提供するために object 要素がネストされている事実を利用している。

コード例:

<object classid="java:Press.class" width="500" height="500">
  <object data="Pressure.mpeg" type="video/mpeg">
    <object data="Pressure.gif" type="image/gif">
      温度は上昇し、バルーンの中の分子は…
    </object>
  </object>
</object>  

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. object要素のボディに、そのオブジェクトの代替テキストがある

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。