WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

H39: データテーブルの表題とデータテーブルを関連付けるために、caption 要素を使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

HTML及びXHTMLのデータテーブル

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、見た目でテーブルの表題を付ける場合に、プログラムで解釈できるようにデータテーブルと表題を関連付けることである。表題はテーブルの識別子であり、タイトル又は見出しのような働きをする。

caption 要素は表題のテキストのための適切なマークアップであり、(初期状態では)表示上も、テーブルの識別子がそのテーブルに関連付けられていることを保証するものである。さらに、caption 要素を用いることによって、音声読み上げソフトウェアがテーブルの表題に利用者を直接誘導することも可能になる。

caption 要素は、テーブルに summary 属性を指定しているかどうかに関わらず利用できる。caption 要素はテーブルを特定するもの、summary 属性はテーブルの概要を提供したり、見方を説明したりするものである。両方とも指定する場合、summary 属性に caption 要素と同じ情報を含めるべきではない。

注記: WCAG 2.0 はレイアウトテーブルの利用を禁止していないが、CSS ベースのレイアウトを推奨している。HTML 及び XHTML の table 要素に与えられたセマンティックな意義を守り、コンテンツから表現を分離するというコーディングの実践に沿うためである。テーブルをレイアウトのために利用する場合、caption 要素は使用しない。レイアウトテーブルの目的は、コンテンツの配置を制御することのみであって、テーブルそのものは利用者から見て「透明」であるべきである。caption 要素を用いることによってテーブルの存在を示してしまうと、この透明性を壊すことになる。F46: 達成基準 1.3.1 の失敗例 - レイアウトテーブルで、th 要素、caption 要素、又は空ではない summary 属性を使用しているを参照のこと。

事例

事例 1: スケジュールカレンダーの表題

コード例:

<table>
<caption>3月6日の週のスケジュール</caption>
...</table>

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

各データテーブルごとに:

  1. テーブルに caption 要素が含まれていることを確認する。

  2. caption 要素の内容がテーブルを識別しているかどうかを確認する。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。