WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

H36: 送信 / 実行ボタンとして用いる画像の alt 属性を使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

画像の送信/実行ボタンを使用するコンテンツに適用する。

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、type属性が「image」であるinput要素において、input要素のalt属性を機能的なラベルを提供するのに使用することである。このラベルは、画像の説明をするのではなく、ボタンの機能を説明する。もしそのページに、それぞれ異なる結果につながる複数の送信/実行ボタンがあるならば、ラベルは特に重要である。

input要素は、多くの種類のフォームのコントロールを作成するのに使用される。HTML及びXHTMLのDTDでは、これら全てでalt属性を用いることができるが、本来は画像の送信/実行ボタンだけに使用すべきである。ユーザエージェントでは、他の種類のフォームのコントロールでのalt属性の使用をサポートしていないため、これらのコントロールをラベル付けするために他のメカニズムを用いている。

事例

事例 1

alt 属性がある input 要素

コード例:

<form action="http://example.com/prog/text-read" method="post">

  <input type="image" name="submit" src="button.gif" alt="送信/実行" />
</form> 

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. type 属性の値が「image」であるすべての input 要素に、alt属性がある。

  2. その alt 属性がボタンの機能を説明している。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。