WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

H35: applet 要素に代替テキストを提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

applet要素が非推奨ではない場合に、Javaアプレットを読み込んでいるHTML及びXHTMLドキュメント

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

H35 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。

解説

この達成方法の目的は、アプレットのラベルを提供するalt属性を用いること及びapplet要素のボディに代替テキストを提供することによって、アプレットに対する代替テキストを提供することである。この達成方法では、ユーザエージェントごとに、alt属性及びapplet要素のボディのサポート状況が異なるため、両方のメカニズムを必要としている。

事例

事例 1: 三目並べゲームのアプレット

コード例:

<applet code="tictactoe.class" width="250" height="250" alt="三目並べゲーム">
   三目並べゲーム
</applet> 

検証

チェックポイント

  1. applet要素のソースコードを見る。

  2. アプレットに対する代替テキストがapplet要素のalt属性にある

  3. アプレットに対する代替テキストがapplet要素のボディの中にある。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。