WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

H33: title 属性を用いて、リンクテキストの文言を補足する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

HTML 及び XHTML

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

H33 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。

解説

この達成方法の目的は、リンクを説明する追加情報を提供するための、a 要素の title 属性の利用方法を示すことである。title 属性は、リンクの目的を明らかにしたり、詳しく説明したりするのに役立つ追加情報の指定に用いる。もし title 属性を通して提供する補足情報が、警告文のように利用者がリンクをたどる前に知っておくべき内容であれば、title 属性ではなくリンクテキストとして提供すべきである。

title 属性へのアクセス方法について、ユーザエージェントごとにサポートが大きく異なるため、コンテンツ制作者はこの達成方法を用いるときは注意を払うべきである。この理由から、コンテンツ制作者は達成方法C7: リンクテキストの一部を非表示にするために、CSS を使用する (CSS) 又はH30: a 要素のリンクの目的を説明するリンクテキストを提供する (HTML) を利用することが望ましい。

事例

事例 1: リンクの目的を明らかにする

コード例:

<a href="http://example.com/WORLD/africa/kenya.elephants.ap/index.html" 
title="象の避難の失敗について続きを読む">
巨大な荷物のせいで、避難はさんざんな結果に
</a> 

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

a 要素のソースコードについて、次のことを調べる。

  1. title 属性のある a 要素では、リンクテキストの文言とともに title 属性がそのリンクの目的を示している。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。