WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

H28: abbr要素を用いて、略語の定義を提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

HTML 及び XHTML

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

H28 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。

解説

この達成方法の目的は、abbr 要素を用いることで、略語に対して元の語又は定義を提供することである

abbr 要素は、頭字語や頭文字語を含むあらゆる略語に用いてよい。HTML4 及び XHTML では、頭文字語や頭字語は acronym 要素を用いてマークアップすることもできる。abbr要素は、頭字語や頭文字語を含むあらゆる略語に用いてよい。HTML5 以降では、より一般的な abbr 要素の利用が提案され、acronym 要素は廃止されている。

事例

事例 1: abbr 要素を用いて略語の元の語を示す

コード例:

<p>普通、砂糖は 5 <abbr title="pound">lb.<abbr> の袋入りで売られている。</p>
<p><abbr title="World Wide Web">WWW</abbr> へようこそ!</p> 

事例 2: abbr 要素を用いて略語の定義を示す

コード例:

<p>タシニ <abbr title="及びその他">et al.</abbr> <abbr title="対">v.</abbr>
ニューヨーク・タイムズ紙 <abbr title="及びその他">et al.</abbr> は、全米著述業組合
による象徴的な訴訟事件であり……</p> 

事例 3: abbr 要素を用いて頭字語の元の語を示す

コード例:

<p><abbr title="Keep It Simple Stupid">KISS</abbr>の使用が…の間で広まってきた。</p> 

事例 4: abbr 要素を用いて頭文字語の元の語を示す

コード例:

<p><abbr title="World Wide Web">WWW</abbr></p> 

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. 略語それぞれに、abbr 要素で元の語や定義を指定している。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。