WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

H24: イメージマップの area 要素に代替テキストを提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

area要素を含むHTML及びXHTMLドキュメント

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

H24 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。

解説

この達成方法の目的は、イメージマップ上の選択可能領域と同じ役割を果たす代替テキストを提供することである。イメージマップは、area要素によって定義された選択可能領域によって分割されている1枚の画像である。各領域は、他のウェブページや、現在のウェブページ内の他の場所へのリンクである。各area要素のalt属性は、その画像の選択可能領域と同じ目的を果たすものである。

事例

事例 1

この事例では、イメージマップ上の各領域の目的を示したテキストを提供するのに、area要素のalt属性を利用している。

コード例:

<img src="welcome.gif" usemap="#map1" 
    alt="図書館の各エリア。詳細を見るには、各エリアを選択してください。" /> 
<map id="map1" name="map1">
  <area shape="rect" coords="0,0,30,30"
    href="reference.html" alt="資料室" />
  <area shape="rect" coords="34,34,100,100"
    href="media.html" alt="視聴覚室" />
</map>

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

イメージマップ上の各area要素について:

  1. そのarea要素にalt属性を指定している。

  2. alt属性で指定した代替テキストが、area要素で定義したイメージマップ上の領域と同じ目的を果たしている。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。