WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G9: ライブの同期したメディアに対してキャプションを作成する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

視聴覚の情報を提示する全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、音声を聞くことができない利用者がリアルタイムに同期したメディア放送にアクセスできるようにすることである。間違いを訂正するか、二度聞き又は単語が正確に再現されていることを確認するため誰かに意見を聞く時間がほとんどないので、正確なリアルタイムのキャプションを作成することはより困難である。情報があまりに速く流れている時は、簡略化又は言い換えもさらに困難である。

リアルタイムのタイピングテキスト入力技術には、速記及び高速タイピング技術を使用するものが存在する。復唱による音声・テキスト変換(人が音声を聞き、彼らの音声を覚えこませたコンピューターへ慎重に復唱する)は、今日の電話リレーサービスで使用されており、将来的にはキャプション作成に使用されるかもしれない。ゆくゆくは補正機能を持つ音声・テキスト変換が可能になるだろう。

事例

事例 1

テレビスタジオでは、オンラインのイブニングニュースのキャプションを作成するために、リアルタイムのキャプションサービスを利用している。

事例 2

利用者がオンラインセミナーを、Communication Access Real-time Translation (CART)の使用を通したキャプションが提供された上で、モバイルデバイスで視聴している。そして、そのキャプションが、キャプションをデバイス上で目視することが必要なリアルタイムの参加者に利点を提供している。

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

検証

チェックポイント

  1. キャプションがリアルタイムに配信されることを保証するため、手順及びポリシーが所定の位置にある。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。