WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G87: クローズド・キャプションを提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

ユーザエージェントがクローズドキャプションをサポートしている音声/映像のウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、聴覚に障害のある利用者、又は同期したメディアの発話の聞き取りに困難のある利用者に対して、コンテンツを目で見て、発話及び音が伝えている情報を読むための方法を提供する一方で、聴覚に障害のない人にはキャプションを見ることを強制しないようにすることである。この達成方法では、発話及び重要な音が伝えている情報を全てテキストに書き起こして、利用者の要求に応じてキャプションとして画面に表示させる。つまり、そのテキストは必要な時にだけ表示されることになる。そのためには、ユーザエージェントがキャプションをサポートしている必要がある。

注記:キャプションは、字幕とは異なる。字幕は、発話内容のみをテキストで提供するものであって、重要な音の情報を含まない。

事例

事例 1

耳の聞こえない利用者がインタラクティブな教材を使えるようにするため、大学の音声によるインタラクティブな教材すべてにキャプションが組み込まれ、キャプションをオンにするための手順説明が提供されている。

事例 2

メディア会社のオンライン映画すべてにキャプションが含まれていて、クローズドキャプションを実装できるフォーマットで提供されている。

事例 3

:既存の映画に、同期情報を含む特別なキャプションファイルが提供されている。映画のウィンドウに同期したキャプションを、画面上の別ウィンドウで提供できるプレーヤーが使えるようになっている。

事例 4

ローカルニュースのビデオにキャプションが付けられていて、使用しているプレーヤーに応じて映像上又は別ウィンドウにキャプションを表示することができる。

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

キャプションのガイダンス

SMIL

その他のキャプション関連

検証

チェックポイント

  1. メディアプレーヤーのクロ―ズドキャプション機能をオンにする。

  2. 同期したメディアのコンテンツを見る。

  3. (発話内容及び音の伝えている情報全ての)キャプションが表示されている。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。