WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G78: 音声解説を含んだ、利用者が選択可能な副音声トラックを提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

音声トラック及び視覚的なコンテンツのあるウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、視覚的に提供される情報の音声(話し言葉)バージョンを提供することで、目で見ることのできない利用者が視聴覚コンテンツを理解できるようにすることである。

今日のユーザエージェントのほとんどは複数の音声トラックを一つにまとめることができないため、この達成方法では、オリジナルの音声トラックを付加的な音声解説の入った別の音声トラックに置き換える選択肢を利用者に提供することによって、音声による追加の情報を同期したメディアに追加する。この追加された情報は、コンテンツを理解するにあたって重要な行動、登場人物、場面の変化、及びスクリーン上のテキスト(キャプション以外の文字)などに焦点を当てたものである。

この新しい情報によって、オリジナルの音声トラックに含まれた重要な音声情報が分かりにくくなってしまう(または、うるさい効果音によって新しい情報が不明瞭になってしまう)のでは役に立たないため、新しい情報は会話や効果音の合間に追加される。このため、コンテンツに追加できる情報の量は限られることになる。

(視覚的に伝えられている情報の)音声解説を提供する音声トラックは、利用者が選択できる代替の音声トラックとするか、又は全ての利用者が聞く標準の音声トラックとすることができる。

事例

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. 例えばコンテンツ自体にあるコントロールによって、又はメディアプレーヤーやOSでの設定によって、音声解説を含む音声トラックを作動させる機能がある。

  2. 同期したメディアの音声を聞く。

  3. 発話の合間を使って、視覚的に伝えているコンテンツの重要な情報が伝えられている。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。