WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G69: 時間の経過の伴い変化するメディアに対して代替コンテンツを提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、同期したメディアのプレゼンテーションにより伝えられている情報を提示するアクセシブルな代替方法を提供することである。

同期したメディアの表現において、情報は次のようにさまざまな方法で提示される。

これらと同じ情報をアクセシブルな形式で提示するために、この達成方法には、同期したメディアと同じ物語や同じ情報を伝える文書を作成することが含まれている。この種の文書は、脚本と呼ばれることがある。この文書には、重要な会話や行動のほか、物語の一部となっている背景などの説明が全て含まれる。

同期したメディアを最初に作成する際に実際の脚本が使われたのであれば、これが代替コンテンツの元素材となりうる。ただし、制作や編集の過程で、同期したメディアは通常、脚本とは異なるものに変更される。この達成方法では、同期したメディアの最終版での実際の会話や内容に合わせて、オリジナルの脚本を変えることになる。

さらに、同期したメディアのタイプによっては、同期したメディアの再生時に特定の個所で起きるインタラクションが含まれることがある。場合によっては、アクション(何かを購入する、送信する、実行するなど)が起きるなどして、同期したメディアの進行に影響すること(同期したメディアが、利用者の入力によって決まる複数のパスを持っている場合など)もある。このような場合は、時間の経過に伴って変化するメディアの代替コンテンツにもリンク又は何らかのメカニズムを提供して、その代替コンテンツの利用者が、同期したメディアの利用者と同じ選択肢から選べ、同じことができるようにする。

事例

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

検証

チェックポイント

  1. 時間の経過に伴って変化するメディアに対する代替コンテンツを参照しながら、同期したメディアによるプレゼンテーションを閲覧する

  2. 時間の経過に伴って変化するメディアに対する代替コンテンツにある発話内容が、同期したメディアによるプレゼンテーションでの発話内容と一致している。

  3. 時間の経過に伴って変化するメディアに対する代替コンテンツに、音の説明がある。

  4. 時間の経過に伴って変化するメディアに対する代替コンテンツに、場面及び場面の変更の説明がある。

  5. 時間の経過に伴って変化するメディアに対する代替コンテンツに、あらゆる"登場人物"(人、動物など)の行動及び表情の説明がある。

  6. 代替コンテンツが別のページにある場合、その代替コンテンツへのリンクが提供されている。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。