WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G61: 繰り返される一連のコンポーネントは毎回同じ相対的順序で提示する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、繰り返し現れる一連のコンポーネント中での配置を予測可能にすることによって、コンテンツを使いやすくすることである。この達成方法は複数のウェブページについて、それらのページ中で繰り返される一連のコンポーネントを毎回同じ順序で提示することで、統一されたレイアウトや表現の記憶を容易にする。それらのコンポーネント間に別のコンポーネントを挿入することはあってもよいが、元のコンポーネント間の相対的順序は変更しない。

この達成方法は、繰り返し出現するナビゲーションのためのコンポーネントについても当てはまる。 ウェブページには利用者が他のページにジャンプできるよう、ナビゲーションのためのメニューやそのためのコンポーネントを置くことが多い。 この達成方法は、ナビゲーションのためのコンポーネントが繰り返し用いられる度にその中に置かれるリンクやプログラム的参照を一定の順序で提示することにより、コンポーネント間の配置を予測しやすくする。リンク先のウェブページについてそれぞれのサブセクションに移動できるようにしたい場合など、リンクを削除したり、既存のリンクの間に他のリンクを挿入したりしてもよいが、リンク間の相対的位置は変更しない。

事例

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. ウェブページの集合(たとえば一つのウェブサイト)中の全てのページで繰り返し提示されるコンポーネントをリストアップする。

  2. それぞれのコンポーネントにおいて、そのコンポーネントが現れる全てのウェブページで他の繰り返し出現するコンポーネントとの相対的位置関係が一貫している。

  3. それぞれのナビゲーションのためのコンポーネントにおいて、そこに含まれるリンクやプログラム的な参照が必ず同じ相対的順序で提示される。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。