WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G59: コンテンツ内の順番及び関係に従った順序で、インタラクティブな要素を配置する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

インタラクティブな要素を含み、インタラクティブな要素のデフォルトのタブ移動順序を定義している、全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、インタラクティブな要素がコンテンツ内でのつながりや関係に即した順序で確実にフォーカスを受けるようにすることである。コンテンツを設計する際、リンク及びフォーム・コントロールなどのインタラクティブな要素を、デフォルトのタブ順序がコンテンツ内でのつながりや関係に即した順序になるように、コンテンツ内に配置する。それぞれのウェブコンテンツ技術がデフォルトのタブ順序を定義しているため、コンテンツ内でコントロールを配置するメカニズムは、用いるウェブコンテンツ技術に依存することになる。

例えばHTMLでは、デフォルトのフォーカス順序は、コンテンツのソース内で各要素が登場する順序となる。HTMLソースの順序がウェブページの視覚的な順序に合致していれば、Tabキーを押してコンテンツ内を進む順序は、コンテンツの視覚的なレイアウトと同じになる。ソースの順序が視覚的な順序と合致していないときは、Tabキーを押してコンテンツ内を進む順序が、視覚的に表示されたコンテンツの論理的な順序を反映したものとならなければならない。

事例

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

検証

チェックポイント

  1. コンテンツ内のインタラクティブな要素の順序を確認する

  2. インタラクティブな要素の論理的な順序を確認する。

  3. コンテンツ内のインタラクティブな要素の順序が、その論理的な順序と一致している。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。