WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G4: コンテンツを一時停止させて、一時停止させたところから再開できるようにする

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

動きやスクロールのあるコンテンツのあるウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、コンテンツの動きやスクロールの一時停止方法を提供することである。利用者が、動きを一時停止させる、注意をそらすものを減らす、又は読む時間を作る必要があるのであれば、そうすることができ、さらに必要に応じて動きやスクロールを再開できるようにする。このメカニズムは、WCAGに準拠したインタラクティブなコントロール又はキーボードショートカットを介して提供できる。もしキーボードショートカットを用いるのであれば、ウェブページで利用者に説明する。

事例

検証

チェックポイント

動き又はスクロールのあるコンテンツがあるウェブページ上で:

  1. ウェブページで、又はユーザエージェントによって提供されているメカニズムを用いて、コンテンツの動き又はスクロールを一時停止させる。

  2. その動き又はスクロールが停止し、勝手に再開しない。

  3. 提供されているメカニズムを用いて、コンテンツの動きを再開する。

  4. そのとき、動き又はスクロールが、停止したところから再開する。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。