WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G202: すべての機能をキーボードだけでも操作可能にする

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

インタフェース操作をサポートするウェブコンテンツ技術すべて

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、ウェブページのすべての機能をキーボードで操作可能にすることである。ウェブコンテンツのすべての機能がキーボードまたはキーボード・インタフェースによって操作可能であれば、全盲の利用者や代替キーボード、音声入力ソフトウェアやオンスクリーン・キーボードのようなキーボード・エミュレータとよばれる入力デバイスを使用しなければならない利用者が操作できることになる。

たとえ使用している計算装置がハードウェアのキーボードを含んでいない場合も、キーボードインタフェースが利用者にキーの押下によるプログラムへのインプットを許容する。例えば、多くのモバイルデバイスはオペレーティングシステムにキーボードインタフェースか、又は外部接続のワイヤレスキーボードに接続する選択肢を持っている。アプリケーションは、外部接続のキーボードまたは他の模擬的にキーボードアウトプットができるサービスからキーボードインプットを得るインターフェースを使える。例えば、スイッチデバイス、手書き解釈プログラムまたは書き起こしアプリケーションなどがある。

この達成方法を用いるには、まずそのウェブページでどのような機能が利用者に提供されているのかを確認する必要がある。その際には、マウスやキーボードを使って使用する機能を特定することが重要である。そういった機能の例としては、リンク、メニュー、ボタン、チェックボックス、ラジオボタン、フォーム・フィールドのような操作系のものや、ドラッグ&ドロップ、テキスト選択、領域のサイズ変更、コンテキストメニューの表示のような機能的なものが挙げられる。他にも、ショッピングカートでのアイテムの追加や削除、販売担当者とのチャットの起動などのように、タスクをベースにした機能が例として挙げられる。

ウェブコンテンツが提供している機能を確認したら、コンテンツ制作者はそれぞれの機能がキーボードだけでも操作することが可能かどうかを検証する。

注記: 同じ機能を使用できる手段がウェブページ上で複数提供されている場合には、必ずしもそれぞれのコントロールをキーボードだけで操作可能にする必要はない。その場合、コンテンツ制作者には、利用者がキーボードで操作可能な手段を見つけやすくすることが推奨される。

事例

検証

チェックポイント

  1. ウェブコンテンツの機能すべてを特定する。

  2. キーボードのみ、またはキーボードインタフェースのみで全ての機能にアクセスが可能である。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。