WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G199: データが問題なく送信されたことを伝えるフィードバックを提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

利用者のデータインプットを受け入れているコンテンツ

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、利用者にアクションを確認させる手間(例えば、ウェブフォームを送信した時に、それが正常に完遂されたことを利用者に確認させる)をなくすことである。アクションが成功したかを確認させるように促す代わりに、アクションが成功したか明確に示すフィードバックを常に提供することで達成することができる。

アクションを確認するために、情報に目を通すことが容易ではない利用者の大きな手間が費やされる時がある(例えば、データベースにデータが正常に送信されたか、人に送られたのか、または編集されているコンテンツに追加されたのか)。

事例

検証

チェックポイント

  1. エラーがないようにフォームに入力する。

  2. フォームを送信する。

  3. 正常に送信できたことが、フィードバックメッセージとして表示されている。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。