WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G197: 同じ機能を有するコンテンツに対して、一貫したラベル、識別名及び代替テキストを使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、認識障害、全盲もしくは弱視の利用者に対して、ウェブページ内の機能にインタラクトしたときに何が起こるかを理解するのを助けることである。同じ機能を提供する利用者・インターフェース・コンポーネント(要素、リンク、JavaScriptオブジェクトなど)に異なるラベルが付けられていると、利用者は同じ機能を持つコンポーネントに出会ったことに気づかず、何が起きるかを予測することができないだろう。これがたくさんの無用な操作ミスにつながるかもしれない。加えて、一貫したラベル付けに関するこのようなアプローチはウェブサイト全体に対して適用することを推奨する。

事例

検証

チェックポイント

  1. 各コンポーネントにはそれを特定できるテキスト(ラベル、識別名、代替テキストなど)が関連付けられている。

  2. このテキストは同じ機能を提供するコンポーネントに関しては同一である。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。