WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G195: コンテンツ制作者が提供する視認性に優れたフォーカスインジケータを使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、視認性に優れたフォーカスを作ることによりブラウザのフォーカスインジケータを強調することである。多くのブラウザにおける初期値 のフォーカスインジケータは、細いドットの黒い線になっている。アウトラインを既に持っているようなフォーム要素を囲っている場合、テーブルセルの中にフォーカス要素が入っている場合、フォーカスされた要素がとても小さい場合、もしくはページの背景の色が濃い色の場合は、そのフォーカスを見ることが困難である。

この達成方法において、利用者がマウス、タブキー、矢印キー、キーボードのショートカット、もしくは他の方法を用いて要素にフォーカスを置いている時、アプリケーションは高いコントラスト比を持った色、太字、そして光を放つような視覚的インジケータを用いることによってフォーカスをより視認性のあるものにしている。

事例

事例 1: リンク

濃い背景色と明るい文字とリンクを持つウェブページがある。フォーカスがリンクにあたると、そのリンクは3ピクセルの明るい黄色のラインで囲まれる。

事例 2: フォーム要素

テーブルの中にフォームが書かれているウェブページがある。テーブルとフォームの要素の両方の境界は細くて黒い線になっている。フォーカスがフォーム要素に当たる時、その要素は部分的に透明になっている5ピクセルの赤い線で囲まれる。

事例 3: メニュー

サブメニューを持ったインタラクティブなメニューを含んだウェブページがある。利用者は矢印キーを使ってメニューの中でフォーカスを動かすことができる。フォーカスが動くと、フォーカスが当たっているメニュー項目はその背景を異なる色に変える。その色は周りの項目に対して3:1のコントラスト比を持ち、そのメニューのテキストの色と4.5:1のコントラスト比を持っている。

検証

チェックポイント

  1. マウスを用いてページ上のそれぞれのフォーカスできるユーザインタフェース要素にフォーカスを置く。

  2. 視認性に優れたフォーカスインジケータがある。

  3. キーボードを用いてページ上のそれぞれのフォーカスできるユーザインタフェース要素にフォーカスを置く。

  4. 視認性に優れたフォーカスインジケータがある。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。