WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G194: スペルチェック機能を提供し、テキスト入力の修正候補を提示する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法では、スペルチェック機能やテキストの入力候補の提供について示している。認知障害のある利用者の場合、単語のおよその綴りは分かっても、正しく綴ることが難しいということがしばしばある。スペルチェック・プログラムを用いることで、単語の正しい綴りを調べるという時間のかかる作業を行わなくてもよくなる。これは、視覚障害のある利用者でミスタイプが多い場合にも有効である。また、手に障害があり、額に装着する形のポインティング・ディバイスを使用していたり、スキャン・ソフトウェアでオンスクリーン・キーボードを使用している、入力が困難で時間のかかる利用者にとっても有効である。入力単語の候補を提示し、簡単な仕組みで入力したい単語を選択することでテキストフィールドに入力できるような機能を持つスペルチェック機能は、こういった利用者にとって有効である。

事例

検証

チェックポイント

  1. ウェブページにテキストフィールドがある。

  2. 綴りが誤っている単語を入力する。

  3. 単語の修正候補が提示される。

  4. 提示された修正候補をフォームに入力するメカニズムがある。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。