WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G190: 適合している代替版へのリンクを、適合していないオブジェクトの直前で提供する、又は適合していないオブジェクトと関連付ける

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術。

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

ページにあるすべてのオブジェクトが適合しているのがより望ましいが、それが可能ではない状況もある。オブジェクト又はコンテンツのセクションが特定の障害のある利用者を想定していると、一方でそういった同じ属性が他の利用者にとってアクセシブルではなくなるという状況がありえる。また、ウェブページ上に適合しているオブジェクトを持たない他の理由も考えられる。オブジェクトが適合していない際には、適合している代替版へのリンクが線形化した読み上げ順序の中で適合していないオブジェクトに隣接している、又は適合していないコンテンツと関連付けられている。適合している代替版は、適合していないバージョンと同じ情報を伝達している。

事例

事例 1: 音楽の芸術的な品位を阻害する音声解説のあるラップ音楽映像

「ヒップホップキッド」という名前のラップ音楽の映像には背景音がある。音声解説を歌の合い間に挿入することは、アーティストが伝えようとしているギターとドラムの最高潮の演奏を妨げるであろう。そのウェブページ上では、映像オブジェクトのすぐ次に「"ヒップホップキッド"の音声解説バージョン」というリンクがあり、映像の中で視覚的に何が起きているかという音声解説を含んでいるバージョンが提供されている。

事例 2: 歴史文書の画像

独立宣言についてのウェブページに、文書の画像がある。テキストと背景の間のコントラストは不十分であり、手書きの文書は読むことが困難である。利用者をその文書のHTMLバージョンへ誘導するリンクがある。

事例 3: アクセシビリティ・サポーテッドではないアニメーション

アクセシビリティ・サポーテッドではないウェブコンテンツ技術を使用して制作されたインタラクティブなアニメーションがウェブページ上で表示されている。アニメーションの適合している代替版へのリンクは、適合していないコンテンツに隣接している。

検証

チェックポイント

ページ内の適合していないオブジェクトそれぞれに対して:

  1. ウェブページ上に適合していないオブジェクトがある。

  2. 線形化した読み上げ順序の中で適合していないオブジェクトの直後に、オブジェクトの適合しているバージョンへのリンクがある。

  3. そのリンク先に適合しているバージョンがある。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。