WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G189: ウェブページの先頭近くに、リンクのラベルを変更するコントロールを提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

リンクを実装できる全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、ウェブページの先頭近くに、そのウェブページの適合している代替版へ利用者を誘導するコントロールを提供することである。その代替版では、各リンクのリンクテキストだけで前後の文脈を見なくてもリンクの目的がわかるようになっている。

利用者の中には、リンクの文脈を見なくても、リンクの目的がわかるのでリンクテキストにその文脈も含んだリンクを好む利用者がいる。一方で、文脈の情報を各リンクに含めることでリンクテキストが冗長になるため、サイトの使い勝手が悪くなると感じる利用者もいる。WCAGワーキンググループに支援技術の利用者から寄せられたフィードバックでも、どちらを好むかは意見が分かれている。この達成方法を用いることにより、利用者は、自分にとって最適なアプローチを選べるようになる。長くなる可能性があっても完全なリンクテキストを必要とする又はそれを好む利用者は、代替版を使用することができる。

代替版に変換するコントロールがリンクである場合、そのコントロールの目的が、常にリンクテキストだけでわかるようにしておかなければならない。

この達成方法は、現在のページ表示に対する代替版を提供する。この環境設定をクッキー又はサーバーサイドのユーザプロフィールに保存して、利用者が一度選択すれば、その後はサイトを訪れるごとに選択しなくても、自動的に利用者の好むバージョンが表示されるようにすることもでき、そうするのが望ましい場合もある。

注記: この達成方法は、表示スタイルを変更して非適合コンテンツに対する適合した代替版となるページを提供する達成方法と併せて使うことができる。詳しくは、C29: 適合している代替版を提供するために、スタイル・スイッチャーを使用する (CSS) 及び適合している代替版を参照のこと。

事例

事例 1: 別バージョンへのリンクを提供する

ウェブページに、様々なフォーマットでダウンロードできる書籍のリストがある。このウェブページの代替版では、書籍のフォーマットだけ、又は書籍名とフォーマットのタイプが、リンクテキストとして使われている。

短いリンクテキストのバージョン:

コード例:


...
<h1>書籍のダウンロード</h1>
  <p><a href="books-full-links.html" >完全なリンクのバージョン</a></p>

  <ul>
  <li>ウェブの歴史: 
  <a href="history.docx" class="hist">Word形式</a>, 
  <a href="history.pdf" class="hist">PDF形式</a>, 
  <a href="history.html" class="hist">HTML形式</a>
  </li>
  ...
  </ul>

完全なリンクテキストを用いたバージョン

コード例:


...
<h1>書籍のダウンロード</h1>
  <p><a href="books-short-links.html" >短いリンクのバージョン</a></p>

  <ul>
  <li>ウェブの歴史:
  <a href="history.docx" class="hist">ウェブの歴史(Word形式)</a>, 
  <a href="history.pdf" class="hist">ウェブの歴史(PDF形式)</a>, 
  <a href="history.html" class="hist">ウェブの歴史(HTML形式)</a>
  </li>
  ...
  </ul>

検証

チェックポイント

  1. ウェブページの先頭近くに、リンクテキストを変換するコントロールがある。

  2. コントロールを起動する。

  3. 変換されたウェブページでは、全てのリンクのリンクテキストがその目的を説明している。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。