WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G188: 行送りや段落の間隔を広げるボタンをウェブページ上に提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

多くの認知障害を持つ人々は行間がシングル・スペースに設定されたテキストを読む事が困難である。行の高さを増やすボタンは彼らが内容を読む助けとなる。段落の間が離れている状態を維持するためには、段落間の幅は、行送り幅の少なくとも1.5倍の高さになるように広げられるべきである。

注記: この達成方法は、非適合コンテンツに対して、適合している代替版のページを提供するための、スタイルスイッチの達成方法と組み合わせて用いることができる。詳細は、C29: 適合している代替版を提供するために、スタイル・スイッチャーを使用する (CSS) 、及び適合している代替版を理解するを参照のこと。

事例

事例 1

ページを変更するための標準的なスタイル・スイッチングを用いる。スタイルシートを切り替えるためのボタン又はリンクをページに用意する。新しいスタイルシートには、行送りを広げるルールと段落の間隔を広げるクラスが含まれている。

コード例:


        p {line-height: 150%; margin-bottom: 2em;}
      

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. ページ内に行送りや段落の間隔を広げるためのボタン又はリンクがあり、そのことがわかるようにラベルづけされている。

  2. そのボタン又はリンクを起動する。

  3. ボタン又はリンクによって、行間が少なくとも1.5(150%)に広がる。

  4. ボタン又はリンクによって、各段落の間隔が行送りの少なくとも1.5倍より広くなる。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。