WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G186: 動きのあるコンテンツ、点滅するコンテンツ、又は自動更新されるコンテンツを停止させるコントロールを使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、動きのあるコンテンツや点滅するコンテンツを、利用者が停止できるコントロールを提供することである。このようなコントロールがウェブページ上にあれば、そのコントロール自体は適切なレベルでのWCAGの適合要件、たとえば適切なコントラストであること、特定できる名前を持つこと、キーボードによるアクセスが可能であることに合致する。コントロールはページの先頭か、動きのあるコンテンツの近くに配置する。動きのあるコンテンツ又は点滅するコンテンツのすべてを1つのコントロールで停止できるか、コンテンツの別々の部分を別々のコントロールで停止できればよい。

事例

事例 1: 株式市場のティッカーテープ

あるウェブページに、株式市場の最新結果を表示する「ティッカーテープ」があり、画面の下に向かって自動スクロールする。利用者は「一時停止」ボタンでティッカーテープの動きを停止させることができる。一時停止を解除すれば、現在の株式市場の情報表示を再開する。

事例 2: 電子会議ツール

電子会議用のウェブページに、発言待ちのスピーカーの一覧がある。利用者は、新しい人が加わったり外れたりするときに一覧を自動更新するか、それとも「更新」ボタンを押したときにだけ更新するかを、ページ上のチェックボックスで選択できる。一覧が自動更新に設定されている場合、更新ボタンは非活性になっている。

検証

チェックポイント

  1. コンテンツの動き、点滅、自動更新を停止させるコントロールがウェブページ上にある。

  2. そのコントロールを有効にする。

  3. コンテンツの動き、点滅、自動更新が停止する。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。