WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G177: テキストの修正候補を提示する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

フォーマット、値及び又は入力のタイプに制限があり、利用者のデータ入力を受け付けるコンテンツ

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、利用者が入力した情報が受け付けられないとき、正しいと思われるテキストを推測できる場合には、そのテキストを提示することである。修正候補としては、正しい綴りのテキストや、あらかじめ蓄積されているテキスト群にある類似したテキストなどが含まれる。

フォームによって修正候補の提示方法は異なるが、エラーが発生した入力欄の横、ページの他の部分に表示することもできるし、検索機能やリンクを用いて修正候補の一覧が掲載されている他のURIに誘導することもできる。可能であれば、修正候補は利用者にとって利用しやすい方法で提示すべきである。たとえば、誤った情報が送信されたとき、利用者が意図した内容をチェックボックスやラジオボタンを用いて選択できるような形式で修正候補の一覧を提示するような方法が考えられる。修正候補や修正候補へのリンクは、たとえば、フォームの先頭、エラーがあるフィールドの直前または直後など、エラーを含むしたフォーム・フィールドの近くに配置しなければならない。

事例

検証

チェックポイント

  1. フォーム・フィールドのうち、誤ったテキスト入力から正しいテキストを推測可能なものを抽出する。

  2. フォームに入力し、抽出したフィールドには意図的に誤ったテキストを入力する。

  3. 利用者に対して修正候補が提示される。

  4. 修正候補、もしくは修正候補へのリンクが、エラーを含むフィールドの近くに配置されている。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。