WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G172: テキストの両端揃えを解除するメカニズムを提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、両端揃えをしていないバージョンのページを提供することである。

コンテンツ制作者は、レイアウトの目的でテキストを両端揃えにしたいと思う場合があるかもしれない。この場合、テキストの両端揃えを解除する機能を提供すればよい。そのためのコントロールは、探し出しやすく、アクセスしやすいように、ページの先頭の近くにおくとよい。

注記: この達成方法は、適合していないコンテンツに対して適合している代替版のページを提示するために、スタイルを切り替える達成方法と組み合わせて用いられる。詳細は、C29: 適合している代替版を提供するために、スタイル・スイッチャーを使用する (CSS) 及び適合している代替版を理解するを参照。

事例

事例 1

両端揃えで、元々出版された作業の外観の再現を試みたオンラインの古典小説がサイトにある。「両端揃えを解除する」と書かれたボタンがページの先頭近くにあり、スタイルシートを切り替えるためにスタイルを切り換える達成方法が使用されている。新しいスタイルシートでは、テキストを左揃えで配置する。

検証

チェックポイント

  1. 両端揃えのページを開く。

  2. 両端揃えを解除する機能がある。

  3. その機能により、両端揃えが解除できる。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。