WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G166: 重要な映像コンテンツを説明する音声を提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

映像コンテンツを実装できる全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

映像しか含まないコンテンツは、全盲の利用者及びロービジョンの利用者にとってはアクセシブルではない。そのため、これらの利用者が音声による代替コンテンツを利用できることが重要である。その一つの方法として、映像に含まれている情報を説明する音声トラックを提供する方法がある。この音声は、例えばMP3のように、インターネット上で一般的に使われている音声フォーマットである必要がある。

事例

事例 1

ウェブページに、宇宙船の火星着陸シーンの映像しか含まないプレゼンテーションへのリンクがある。そして、この映像へのリンクは、宇宙船の写真である。この映像を説明する音声ファイルへのリンクが、映像の近くにある。これは、次のHTMLコード例のようになるだろう。

コード例:


<a href="../video/marslanding.mp4"><img src="../images/spaceship.jpg" 
   alt="火星着陸(映像のみ)" width="193" height="255"/></a>
<br />
<a href="Mars_landing_audio.mp3">映像「火星着陸」の音声解説</a>

検証

チェックポイント

映像しか含まないウェブページに対して:

  1. 映像しか含まないコンテンツの直前又は直後に、映像のコンテンツを説明する代替の音声コンテンツへのリンクがある。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。