WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G15: コンテンツが一般閃光閾値及び赤色閃光閾値を越えていないことを確認するためにツールを使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

あらゆるウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

一般閃光閾値と赤色閃光閾値を違反しているかどうかを検証する目的は、感光性の発作のある利用者が、発作を起こしそうなコンテンツに遭遇することなくウェブサイトを閲覧できるようにすることである。警告を示すという方法もあるが、見逃すことも考えられるし、また子どもたちは警告があっても読めなかったり、理解できなかったりするかもしれない。この達成方法を用いることによって、コンテンツのチェックができるので、一般閃光や赤色閃光の閾値を違反している場合は、サイト上で用いないことにするか、あるいは閾値に反しないように修正する。

注記 1: 特定の単純な閃光であれば用いることができる検証がある。例えば:

注記 2: その他の場合は、すべての要因を把握し、連続する時間単位で映像に適用するツールが必要である。

事例

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

コンテンツが一般閃光閾値及び/又は赤色閃光閾値に違反していない。

  1. ツールを使って、一般閃光閾値や赤色閃光閾値を超えていないことを確認する。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。