WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G149: フォーカスを受け取った際に、ユーザエージェントによって強調されるユーザインタフェースコンポーネントを使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

ユーザエージェントによって提供されるフォーカスのハイライトを用いる全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、ユーザエージェントのサポートにより、利用者が、フォーカス可能なコンポーネントを視覚的に識別できるようにすることである。フォーカスを受け取った際に、何らかの方法で標準的なコンポーネントを強調することはユーザエージェントでは一般的である。UAAGのチェックポイント 10.2「選択状態の強調、コンテンツのフォーカス、活性の要素、訪問済みリンク」(英語)を満たす場合、UAAGに適合したユーザエージェントでは標準的なコンポーネントは強調される。ユーザエージェントがサポートしている標準的なコントロールをウェブ制作者が使用すれば、利用者は、フォーカスの置かれている場所を標準的で予測可能な方法で知ることができる。

事例

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

ウェブページ上のフォーカス可能な各コンポーネントに対して:

  1. そのコントロールにフォーカスを設定する。

  2. 何らかの方法でユーザエージェントがコントロールをハイライトしている。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。