WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G131: 目的や内容が分かるラベルを提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、ウェブコンテンツ内のあらゆるインタラクティブなコンポーネントに対するラベルにより、コンポーネントの目的を明確にすることである。そのウェブコンテンツ技術において、ラベルとインタラクティブなコントロールを関連付けるための適切な達成方法によって、支援技術はラベルを認識し利用者に提示できるようになる。そのため、利用者はコントロールの目的を認識することができる。ラベルは、インプットが要求されるテキスト又はテキストシンボルに使用されても良い。

事例

事例 1: 拡大、縮小機能のコントロールのあるオンライン地図

ある市の地図をウェブアプリケーションで提供している。利用者は「ズームイン」を使ってより詳細な地図が見られ、「ズームアウト」で市の広い地域を見ることができる。マウスとキーボードのいずれでも操作することができる。コントロールには「ズームイン(Ctrl +Shift + L)」と「ズームアウト(Ctrl + +Shift + R)」というラベルが提供されている。

事例 2: 利用者の名前を入力させるフォーム

利用者の名前を入力させるフォームがある。そのフォームには、姓と名を入力するために2つのフィールドがある。1つ目のフィールドには「姓」というラベルがあり、2つめには「名」というラベルがある。

事例 3: 必須入力のあるフォーム

必須の入力項目がいくつかある注文票がある。必須入力のフィールドには、フィールドの項目名に加えて「(必須)」と括弧書きされている。

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

検証

チェックポイント

コンテンツ中のインタフェースコンポーネントに対して:

  1. インタフェースコンポーネントの目的を特定する。

  2. ラベルが提供されている。

  3. ラベルはコンポーネントの目的を明確に示している。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。