WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G128: ナビゲーションバー内で現在位置を示す

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、ナビゲーションに関するユーザインタフェースを通じて、現在位置の情報を提供することによって、利用者が現在位置を確認しやすくすることである。この達成方法は、順序立てて処理すべきタスクを、複数のウェブページで段階的に説明している場合に役立つ。このような表示の提供は、利用者が一連の文書の中で自分の位置を正しく把握するのに役立つ。アイコンやテキストを追加したり、その項目の状態を変化させることで、位置を示すことができる。

事例

事例 1

あるウェブページにタブパネル型のナビゲーションが設置してある。タブのリストは横並びに表示されている。現在のコンテンツはタブの下のパネルに表示される。利用者がタブを選択すれば、選択したタブに合わせてパネル内のコンテンツが更新される。さらに、パネルを開いたことを示すために、選択したタブの背景色は初期状態とは異なる色に変化し、テキストの横にチェックマークアイコンが表示される。チェックマークアイコンには、適切な代替テキストを指定してある。

事例 2

あるウェブページのレイアウトに、フレームセットと複数のフレームを用いている。フレームの1つをナビゲーションのためのフレームとし、もう一方のフレームにはウェブサイトのコンテンツを表示させている。利用者がナビゲーションフレーム内のリンクを選択したら、そのリンクに合った情報がコンテンツフレームに表示される。ナビゲーションフレーム内で選択した項目には、それが選択したトピックであることを示すためにアスタリスクが追加される。

事例 3

あるウェブサイトのナビゲーションバーは、複数のリンクのリストとして設置されている。ナビゲーションバーは、全てのウェブページに設置してある。利用者がナビゲーションバー内のリンクにフォーカスするかマウスオーバーしたときに、リンクの背景色が変化する。フォーカスやマウスオーバー時のスタイルの変更は、ウェブページに適用しているカスケーディングスタイルシートで行なっている。リンクからフォーカスが外れたら、通常のリンクのスタイルに戻る。別のページを見るためにリンクをアクティブにした場合、選択したリンクは動作しないようになる。このリンクを選択した結果として、現にそのページが表示されているからである。背景色の変更は、選択したリンクであるという視覚的な通知を利用者に与える。リンクが動作しないようにすることで、現在選択しているトピックであるという情報を全ての利用者に提供する。

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

検証

チェックポイント

ウェブページ一式に同じナビゲーションバーが繰り返し用いられている場合:

  1. ナビゲーションバー内で、現在選択されているアイテムが示されている。

  2. 選択されているアイテムと現在表示されているコンテンツが合っている。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。