WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G127: 技術特有の達成方法を用いて、そのウェブページとその他の多くのウェブページとの関係を示す

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、利用者がそのウェブページと同じ一式(例:同じウェブサイト)にあるウェブページとの関係性を特定できるようにすることである。場合によっては、プログラムが解釈できるように実装することが可能である。例えば、HTMLでは、link要素のrel属性を用いることができる。また、ウェブページのタイトルに関連する情報を含めることによって、関係性を示す情報を提供することもできる。

事例

事例 1: サブサイト名を含んだウェブページのタイトル

ある大規模なウェブサイトに、数々のウェブコンテンツ技術に関するチュートリアルとリファレンスがある。各ウェブページのタイトルには、そのサイトを提供している組織名とサブサイト名とがある。

事例 2: 特定できる情報を含んだメタデータ

あるウェブページには、それが文書一式の目次であることを示すメタデータがある。その文書一式にある各文書のメタデータは、一式の中におけるその文書の位置付けを特定しており、目次への参照を提供している。

事例 3: オンライン教科書の各章

あるオンライン教科書が幾つかの章に分けられている。各ウェブページのタイトルには、教科書のタイトルに加えて、その章の章番号とタイトルがある。

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

検証

チェックポイント

  1. ウェブページのタイトルが、そのウェブページの属するウェブページ一式との関係性を示している。

  2. ウェブページに、そのウェブページの属するウェブページ一式との関係性を特定するメタデータがある。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。