WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G117: テキストの表現のバリエーションによって伝えている情報を伝達するために、テキストを使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

テキストの視覚的な表現のバリエーションをサポートするウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、テキストの書式のバリエーションを通じて伝達される情報を同様にテキストで伝達することである。テキストの視覚的な見た目を変えて情報を伝達する際には、テキストでその情報を明確に提示すべきである。フォントの書体、サイズ、下線、取り消し線及びその他の様々なテキスト属性を変えることによって、視覚的な見た目にバリエーションをもたせることができる。このようなバリエーションが何らかの情報を伝達している際には、その情報がコンテンツのどこか他の場所でテキストによっても入手可能である必要がある。ドキュメント内に補足説明を加えること、又はテキストの表現のバリエーションを用いている箇所にインラインで説明を加えることによって、その情報を伝達することができる。

事例

事例 1: 新しいコンテンツをボールドの文字とテキストで示す

以下の例はアクセシビリティ標準のリストである。WCAG 2.0は新しいため、ボールドで表示されている。視覚のみで情報が提供されることを避けるため、「(new)」という単語も後ろにつけている。

コード例:


          <h2>Web Accessibility Guidelines</h2>
            <ul>
            <li><strong>WCAG 2.0 (New)</strong></li>
            <li>WCAG 1.0</li>
            <li>Section 508</li>
            <li>JIS X 8341-3</li>
            ...
            </ul>
      

事例 2: フォントのバリエーション及び明確な提示

オンライン上のある文書が、ドラフトを更新しながら版を重ねている。挿入部分には下線を引き、削除部分は取り消し線を引いている。ドラフトの最後に、「変更履歴」があり、それぞれのドラフトに対する変更箇所の全てをリスト化している。

事例 3: テキスト内のどの単語に異なるフォントが当てられているか知るための代替手段を提供する

あるオンラインテストでは、学生に対し、長い文章の短い要約を書くことを求めている。その要約には、原文にあるいくつかの単語を含めなければならない。原文では、要約に用いなければならない単語やフレーズが、他と異なるフォントで表示されている。独立したセクションにおいても、要約で用いなければならない単語やフレーズすべてがリスト化されてる。

参考リソース

この達成方法に関する参考リソースはない。

検証

チェックポイント

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。