WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

FLASH4: Flash で送信ボタンを提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

FLASH4 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。Flash テクノロジーノートも参照。

解説

この実装方法の目的は、状況の変化を送信ボタンを使用して引き起こすようにし、送信ボタン以外のコントロールの値または状態が変更された場合は状況の変化が発生しないようにすることである。この実装方法での送信ボタンの用途は、フォームに入力されたデータを送信する HTTP 要求を生成すること、または状況の変化をトリガーするアクションを実行することである(状況の変化を開始するのに適したコントロールがボタンの場合)。

事例

事例 1: ActionScript 3 によるコンボボックスと送信ボタンの実装

これは、コンボボックスコンポーネントと送信ボタンによって利用者を別のリソースにリダイレクトする、ActionScript 3 の基本的な事例である。

コード例:

import fl.accessibility.ComboBoxAccImpl;
import flash.net.navigateToURL;
import flash.net.URLRequest;
ComboBoxAccImpl.enableAccessibility();
state_submit.addEventListener(MouseEvent.CLICK, submitHandler);
function submitHandler(e) {
  var url: URLRequest = new URLRequest("http://www.wikipedia.org/wiki/" + 
    state_combo.selectedLabel);
  navigateToURL(url, "_self");
}

事例 2: ActionScript 2 によるコンボボックスと送信ボタンの実装

これは、コンボボックスコンポーネントと送信ボタンによって利用者を別のリソースにリダイレクトする、ActionScript 2 の基本的な事例である。ActionScript 2 を使用していること以外は、事例 1 と同じである。

コード例:

import fl.accessibility.ComboBoxAccImpl;
ComboBoxAccImpl.enableAccessibility();
state_submit.addEventListener("click", submitHandler);
function submitHandler(e) {
  getURL("http://www.wikipedia.org/wiki/" + state_combo.selectedLabel, "_self");
}

検証

チェックポイント

  1. Flash ムービー内で状況の変化を開始するすべてのインタラクティブコントロールのインスタンス(送信ボタン以外)を見つける(コンボボックス、ラジオボタン、チェックボックスなど)。

  2. それぞれのインスタンスについて、状況の変化を実行するイベントハンドラが、上記のコントロール自体ではなく個別のボタンに関連付けられている。

判定基準

2. を満たしている。

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。