WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

FLASH36: 点滅を制御し、5 秒以内に点滅を停止させるために、スクリプトを使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

FLASH36 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。Flash テクノロジーノートも参照。

解説

この実装方法の目的は、スクリプトを使用して点滅を制御し、点滅を 5 秒以内に停止させることである。ActionScript の setTimeout() メソッドを使用して、ムービークリップの点滅動作を 5 秒以内に停止させる。

事例

事例 1: タイムアウト後に点滅を停止させる

この事例では、ムービークリップ(blinkingTextMC)でタイムラインを使用して点滅効果を生成している。5 秒経過する前にムービークリップの gotoAndStop() メソッドが呼び出され、このメソッドにより点滅が停止する。

コード例:

setTimeout(stopBlinking, 4500);
function stopBlinking() {
  var blinkingTextMC = getChildByName('blinkingTextMC');
  blinkingTextMC.gotoAndStop(1);
}

この実例は、タイムアウト後に点滅を停止させるのサンプル(英語)で確認できる。タイムアウト後に点滅を停止させるのソース(英語)をダウンロードすることもできる。

検証

チェックポイント

点滅するコンテンツのインスタンスすべてについて、次のことを確認する。

  1. 点滅が開始したら 5 秒経過するまで待つ。

  2. 5 秒経過した時点で、点滅が停止する。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。